コウチーニョについて語った

写真拡大

リバプールの面々は既にフィリペ・コウチーニョのバルサ移籍は避けられないと考えているようだ。頑なに放出に反対していたユルゲン・クロップも日がたつごとに諦めモードに入り、「クラブの決定を受け入れる」とまで発言している。そして今度はMFジョーダン・ヘンダーソンがこの件について以下のようにコメントした。

【関連記事:伝説 パウリーニョ加入を祝福】

「フィル(フィリペ・コウチーニョの愛称)は、僕の同僚でもちろん彼と会話をする。我々は近しい関係にあり、僕は彼に対して敬意を払っている。僕は自分が今の状況を変えることはできないと思っている。」
「もちろん、誰もがフィルに残ってほしいと思っている。なぜなら彼は世界最高の選手の一人だから。もちろん彼にとって非常に困難な状況だ。」

「誰が何と言おうとも、今の状況を解決できないだろう。しかも、僕たちはプロだから試合に100%集中している。」