働く堅実女子にとっては身近な「ひとり暮らし」というライフスタイル。中には「これからひとり暮らしをはじめたい」と考えている人もいるかもしれませんが、実際はじめて見るとどんなライフスタイルになるのでしょうか?

「株式会社レオパレス21」では、全国のひとり暮らしをしている20〜30代の社会人男女を対象に、「ひとり暮らしに関する意識・実態調査」を実施。今時のひとり暮らしライフについて考察しています。

ひとり暮らしをはじめたばかりは、多かれ少なかれいろいろな理想があるものです。

ひとり暮らしをすると「エンタメ」にかける時間が充実

まずはひとり暮らしをしている人のライフスタイルを調査。外と家で「どのようなことをして過ごす時間が増えましたか?」と尋ねた結果、以下のようなランキングとなりました。

Q.外でどのようなことをして過ごす時間が増えましたか?(複数回答)

1位 外食……53.3%

2位 映画鑑賞……22.7%

3位 仕事……21.3%

4位 動画配信サービス視聴(「Hulu」「Netflix」「Amazonプライムビデオ」等)……16.0%

5位 空いた時間で副業……13.3%

Q.家でどのようなことをして過ごす時間が増えましたか?(複数回答)

1位 TV視聴……54.0%

2位 睡眠……40.2%

3位 読書……25.3%

4位 動画配信サービス視聴(「Hulu」「Netflix」「Amazonプライムビデオ」等)……23.0%

5位 音楽鑑賞……16.1%

外にいるときは「外食」、家にいるときは「テレビ」が、ひとり暮らしをしている人たちの定番ライフスタイル。また家でも外でも「映画」「動画配信」「テレビ」と、エンタメにかける時間が充実していることが分かります。しかし一方で「仕事」と答える人が21.3%いることにも注目。やはり待っている人がいないと、ズルズル残業してしまう傾向があるのでしょうか?

女性はひとり暮らしをはじめた直後、人を呼びたがる傾向に

またひとり暮らしといえば「部屋に人を呼ぶ」ことも、ある意味での醍醐味です。同調査では男女別に「どんな時に部屋を人に呼びたいと思いますか?」という質問もしています。

「恋人と過ごしたい」がほぼ男女同率トップ。見事に思惑が一致している!?

1位は男女とも「恋人と過ごしたい」。やはり実家に恋人を呼ぶのはいろいろと大変ですが、ひとり暮らしならまったくハードルがありません。いくらイチャイチャしても誰からもじゃまされないのは最高!というのは男女共通なのです。

しかし女性の2位にランクインした「新しい家に引っ越した」は、男性との意識に大きな差が。女性はインテリアにこだわる人が多く、引っ越し直後はまさに「私のセンスと世界観がつまったお部屋が完成!」という状態になりがちなのでしょうか?それとも単純に、初のひとり暮らしで人恋しくなる傾向が高い可能性もあります。その点男性は、女性よりひとり暮らしにドライなのかもしれません。

人を呼ぶときに必ず掃除すべきポイントは、やはり「トイレ」

部屋に人を呼ぶとき、おそらく人に披露するためにある程度の掃除をする人がほとんどだと思います。そこで同調査では「他人のひとり暮らしの部屋に行った際に、つい気になってしまう部位(場所)」についても対象者に質問。まず訪れた人が最初にチェックするところはどこでしょうか?

少数派ですが「冷蔵庫」「クローゼット」「靴箱」といった、普通にしていれば見えない場所も気になる人がちらほら。見えないからといって片づけない人は要注意?

1位は「トイレ」(59.8%)。特に女性が注意すべきは、やはり掃除の死角になりがちな「便座の裏」!男性が訪れた時にトイレで便座を上げたとき、裏が汚れていたら……考えるだけで悲惨です。さらに水汚れが溜まりやすい「キッチンまわり」(45.2%)や、靴をそろえていないと清潔感がダダ下がりする「玄関」(44.3%)も要チェックポイント。どうしても時間がないときは、トイレとキッチン、そして玄関だけでも整えることをオススメします。

【調査概要】
調査媒体:株式会社レオパレス21
調査対象:ひとり暮らしをしている20歳〜39歳の社会人の男女
サンプル数:男女各300名 合計600名
調査地域:全国
調査方法:インターネットリサーチ
調査時期:2017年7月7日(金)〜7月11日(火)