“こんがり肌”をキレイに見せるメイクテクはツヤにあり

写真拡大 (全2枚)

ギラギラ太陽の下、海やプールで思いっ切り遊んだら・・・。日焼け止め塗ったのに、想像以上に日焼けしてる!しかも、使っていたファンデの色が合わなくなって、白浮きしちゃってる!?新しいのを買うのももったいないし、どうしよう〜。なんて、お困りではないですか?

今回は、そんなこんがり肌をキレイに見せるメイクテクを、人気ヘアメイクアップアーティストの成田幸代さんに教えていただきました!

こんがり肌は、“ツヤ”がいのち

肌が黒っぽい人のメイクのポイントは、なんといっても“ツヤ”。実は色白の肌よりも、こんがり肌のほうがツヤ感を出しやすく、グッと魅力を高めることができるんです。もともと肌の色味がしっかりしているので、「ファンデーションを塗る」のではなく、輝きをプラスするというイメージを持つのがポイント。

テクニックとしては、ファンデーション(日焼け具合によっては、トーンを落としたファンデが必要になる場合も)をいつもより少なめにして、パールタイプのプライマーを混ぜます。塗るというよりも薄く伸ばす感覚で、肌にのせていきます。パールのツヤが健康的な肌の魅力を引き出してくれるので、あくまでも薄めに!厚塗りはNGです。

仕上げのチークやハイライトにも“ツヤ”をプラス

仕上げのハイライトは、ゴールドやシャンパンカラーをセレクト。白すぎるものだと、仕上がりがグレーっぽくなって浮いてしまうのでご注意を!クリーム寄りのカラーをセレクトすることで、肌に自然となじんでくれます。

チークにもツヤをプラスして、ツヤ感をさらに引き立てましょう。チークは色をのせるのではなく、血色をアップさせる感じにするのが◎。ツヤのあるチークを選んでも、パール入りのハイライトとミックスしてもOKです!

こんがり肌とツヤの相性は、バツグン!夏の思い出として、今だから楽しめるメイクを楽しんじゃいましょう。もちろん、日焼けではなく“自黒”という人にもオススメです!

 

ライター:中村千春
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロデュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。http://www.fumika-kyoto.com/