カフェの話や美容、モデルの話など、女子と話すときとはまた違った内容を話さなければ盛り上がれないので、男子との会話が苦手だなと感じている女子も多いと思います。そこで今回は、彼との話題に困ったときこそ活きてくる「会話が盛り上がるネタ」についてお届けします。



1.季節や天気の話題


話す内容が特になければ、季節や天気の話をしろ、とは恋愛関係に限らずよく聞きます。特に恋愛上手な人は、「今日は暑かったね」という話題だけで、彼の気持ちをわしづかみにするそうです。いかに暑かったか、会社に戻るとエアコンでいかに寒かったか……という話をしているだけなのですが、モテ女たちはどうやって彼の心を捉えているのでしょう?

イメージのわく会話を!
ポイントは、「イメージがわくかどうか」です。

たとえば「今日は35度もあって暑かったね」ではイメージがわきづらいですよね? でもたとえば「今日は暑くて歩いているだけで汗だくになっちゃった」と言うと、どんなに暑かったか、イメージがわきやすくなります。それを受けて彼も「おれも、電車に乗るときちょっと走っただけで汗ばんじゃったよ」なんて会話のキャッチボールが始まります。

このように、具体的なイメージを話に持たせるので、彼が話にのってくるのです。

2.旅行の話題はマストです!


ある調査結果によると、旅行の話題が一番盛り上がりやすいのだとか。
旅行に行ったことのない人や、旅行にあまり興味のない人はほぼいないでしょう。最低でも修学旅行に行ったことはあるでしょうし、これから行ってみたい場所をもっている人のほうが圧倒的に多いでしょう。

彼との話を盛り上げるには、旅行の話をまずすべきです。旅行の話って、広がりがあるので、話をしていてワクワクしますよね。まだ見ぬ世界や、まだ見ぬ可能性を感じることができる旅行の会話をして、彼とワクワクしてみては?



ワクワクする話って?
何回デートをしても、いっこうにふたりの距離が縮まらないというのは、ワクワクする会話をしていないからです。人はふつう「理由もなくただワクワクする状況」に置かれたら、相手のことを「すごくいい人」だと錯覚します。
たとえば映画や音楽会でワクワクする経験をしたら、映画の主人公や、ステージにいる音楽家たちに惹かれますよね? それとおなじです。
彼をワクワクさせること、自分がワクワクすること。こういう会話を意識してみては?

3. 家族のこと


人を好きになれば、自然とその人の背景を知りたくなるものです。他の人が知らない好きな人のことを自分だけが知っていれば、それだけでちょっとうれしくなりますよね? たとえば男子は、好きな女子がどんな家庭に生まれ育ち、どんな両親がいて、どんな兄弟姉妹がいるのか知りたいと思います。
でもプライベートなことって、自分から根掘り葉掘り聞くわけにはいかないので、うまく聞けません。だから女子から、自分の家族のことなどを話すと、彼はのってきて会話が盛り上がる、ということです。

この方法のコツは?
男子って今でも「女のことがよくわからない」と思っていますが、子ども頃に抱いた「女子のことがわからない」という気持ちや、「女子と男子とでは、まるっきり人生の成り立ちが違うのだろう」と、漠然と感じたことを、今でも覚えています。ですから、あなたがどんな子どもだったのか、どんなふうに親に教育されてきたのか、というようなことに、一定の興味があるのです。
あなたが自分の家族のことを話したら、彼もきっと自分の家族のことを話すはずです。「弟がいるんだ? 俺は妹がいるよ」とそこから会話が始まります。



ほかにも映画の話だったり、友だちの話だったり。女友だちと話すように好きな人や彼氏と話すわけにはいかない、と気構えてしまいうまく話せない、なんてとても勿体ないです。まずはなんてことない、世間話程度のところから始めていけば難しくはありません。
そうやって会話を広げて彼の好みなどを覚えておけば、「そういえば彼は○○の小説が好きだったな」と次会ったときにまたそこから会話を始めることができるのです。

まずは気構えしすぎず、会話を始めてみてください♡

(ひとみしょう/studio woofoo)