NEWS 加藤シゲアキ、フジロックに初参戦? ラジオで語った“入念すぎる”準備の様子とは

写真拡大

 本業のアイドルに加えて、MCに俳優、そして作家……と、多方面に活躍の幅を広げているNEWSの加藤シゲアキ。直近のテレビ出演予定だけをチェックしても、『いのちのうた2017』(NHK総合)、『ビビット』(TBS系)、『NEWSな2人』(TBS系) などと充実のスケジュールだ。そんな加藤が、小山慶一郎がパーソナリティーを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)の8月8日放送回に登場した。

(関連:NEWS加藤シゲアキ、作家業との両立の苦労明かす「メンバーが打ち上げに行っても……」

 加藤は小説家、小山はニュースキャスターと、それぞれ知的なジャンルでキャリアを重ねている。だが、ふたりになると仲のいい幼馴染のような雰囲気になるのが、ギャップであり大きな魅力。2015年の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)では、ふたりでNEWSのこれまでを振り返り、号泣するという伝説ロケを披露したほどの仲良しコンビだ。

 そんな“THE・コヤシゲ”なやりとりが、今回の放送でも飛び出した。冒頭で紹介したように多忙を極める加藤に「何かとお忙しいと思いますけれど」と気遣う小山。すると加藤は「そうでもないよ」とライトな返事をしてみせる。実はこの収録の後に、フジロックへと出かける予定だと言うのだ。

 野外フェスは、天候が変わりやすく雨風対策は必須。とくにフジロックのように自然の中で行なわれる場合は、登山に近い装備が望ましいとされている。加藤は、今回の初参戦に向けて準備をしたという話を披露したのだが、その内容が加藤の真面目さを際立たせるエピソード満載でとても愛しかった。

 まずは、入念な情報収集。小説の担当編集がフェスに詳しいと聞き、必要な物をリストアップしていく。リュックで行こうとしていた加藤だが、「芸能人がリュックで来てるの見たことないです」と言われて、「あぶねー! あぶねー!」と大慌て。さらに「折りたたみのイスがあると便利」と聞いて、さっそく買いに行くと「どうせオシャレなもの買おうとしてるんでしょ? ◯◯とかはオススメしませんよ」と言われ、まさに◯◯というブランドのイスを手にしていて、またもや「あぶねー! あぶねー!」状態に。

 だが、やはりそのブランドのイスのカッコよさに惹かれて購入した加藤。 オススメしない理由は、たたむのに時間がかかるということだったが、なんとその弱点を練習をして克服したというのだ。小山も一緒の楽屋で加藤がイスに座り「いいな〜」とご満悦な様子を見ていたこともあり、「すげー賭けてんな、 フェスに」と冷静につぶやく。

 「……で、現地に泊まる?」「見たいアーティストさんの時間くらいから行く?」と、小山に淡々と尋ねられ、その温度差に照れたのか「ただ、ま、あの、アーティストさんとは出会いっていうか。あの人たち面白そうっていう出会いが、やっぱりフェスじゃん? で、その空気? 感じるのがフェスだし?」と、急にイキりだす加藤。

 これには、小山も「うわ、めんどくせえ、イス壊れちまえばいいのに(笑)」とニヤニヤ。「やっぱり、そこで飲むビールのおいしさを共有できる、もしかしたらそんな出会いもあるかもしれないし。フィーリングっつーか、グルーヴっつーか〜……」そんな切れ味するどいツッコミを入れられつつも、謎のイキりキャラの加藤は止まらず、小山が強引に曲紹介へ進むのだった。

 こんな遠慮のないボケ・ツッコミのトークができるのも、ふたりの頭の回転の速さ、そして長年一緒にいる信頼関係があるからこそ。いつかNEWSでフェス形式のコンサートを開催して、グッズで加藤プロデュースの折りたたみイスが出てくれないだろうか。そんな楽しい想像をしてしまうほど、微笑ましいやりとりだった。(佐藤結衣)