杉田祐一が世界16位のソックを破る金星で2年連続初戦突破 [ウェスタン&サザン・オープン]

写真拡大

「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月15〜21日/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)が第13シードのジャック・ソック(アメリカ)を7-5 6-4で破り、初戦突破を果たした。試合時間は1時間32分。

 今大会に2年連続出場となる杉田は、予選から出場した昨年の大会でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-7(4) 6-4 6-2で倒してマスターズ初勝利を挙げると2回戦も勝ち上がり、3回戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に1-6 6-3 1-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。世界ランク16位(8月14日付)のソックは、杉田がこれまに勝った選手の中で最高位となる。今シーズンの杉田は、7月にアンタルヤ(ATP250/グラスコート)の決勝でアドリアン・マナリノ(フランス)を6-1 7-6(4)で破り、ATPツアー初優勝を果たしていた。

 杉田は2回戦で、予選勝者のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦する。ソウザは1回戦で、カイル・エドマンド(イギリス)を6-3 2-6 6-3で下しての勝ち上がり。

 そのほかの日本勢は、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が第5シードで出場予定だったが、右手首の故障で出場を回避した。

 ウェスタン&サザン・オープンはATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの第7戦目で、シングルス56、ダブルス24ドローで争われる。

◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

ラファエル・ナダル(スペイン)[1]
ロジャー・フェデラー(スイス)[2]※欠場
ドミニク・ティーム(オーストリア)[3]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4]
錦織圭(日本/日清食品)[5]※欠場
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[6]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[7]
ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[8]

※[ ]数字はシード順位

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ)の1回戦で第13シードのジャック・ソックを破る金星を挙げ、2年連続初戦突破を果たした杉田祐一
Photo:MASON, OH - AUGUST 15: Yuichi Sugita of Japan hits an autographed ball to the crowd after defeating Jack Sock during the Western and Southern Open on August 15, 2017 in Mason, Ohio. (Photo by Rob Carr/Getty Images)