タノシマスの縦スクロール型シューティングゲーム『アカとブルー』が配信されました。

販売価格は960円(税込)。一度、購入すれば追加課金なく最後まで遊べ、広告表示なども一切ありませんよ。

たった1,000円で、追加課金なしでじっくり遊べる本格的なシューティングとなっています。キャラやサウンドの出来もよく、一生遊べると言っても過言ではないかと!

初心者でも遊びやすいシステムが搭載されているので、おすすめですよ!

簡単操作でも本格的なゲーム体験

『アカとブルー』は、『画面をスワイプする』『2つの指でタップする』この2つの操作だけでド派手に遊べる縦スクロール型のシューティングゲームです。

降りかかる弾雨を掻い潜る!切り裂く!そして、出現する多数の敵を破壊!
タッチ操作によるレスポンスの良さを極限まで追求し、簡単操作でも本格的なゲームプレイが体感できるよう操作性が最適化されていますよ。


インターフェイスデザインにアニメなどで活躍している岡祐希氏が起用されています。
こちらもスタイリッシュなデザインで構成しつつ、手触りの良いユーザーインターフェイスとなってますよ。

特殊攻撃「BOMB」を使用しての幅広い攻略

プレイヤーは敵の攻撃網を切り裂きながら攻撃できる特殊攻撃BOMB(ボム)を駆使して、全5ステージに挑めます。

BOMBは敵弾を消滅させることで、発射できるチャンスが増えますよ。
敵弾に囲まれた不利な状況を有利な展開に変える能力を備えており、使い方次第で攻略の幅が広がります。

【使用例】


初心者も安心の機能を搭載

ステージごとにライフ(残機)が3つに回復するシステムを採用しており、シューティング初心者でも気負いせずに1つずつのステージにじっくり挑むことができます。

また、オートBOMB機能が搭載されているので、向かい来る弾雨を避け切れず被弾しそうになっても安心です。

オートBOMBはチャージレベル1以上のエネルギーを貯蔵できさえすれば、何度でも発動させることが可能。

初心者でもオートBOMB機能をONにすることでゲームクリアが目指せますよ!

キャラクターボイスとギターサウンドで構築された重厚感のあるBGM


キャラクターデザインに佐悠氏が起用されました。
無線を通して聞こえる登場キャラたちの会話が臨場感ある戦いの物語を紡ぎますよ。

出演声優陣の熱演によるキャラボイスがゲーム進行を妨げることなくゲームシーンとシンクロします。
アトラクションを体験しているかのような感覚で、ゲームの世界に引き込まれますよ!

また、Sound ComposerにはWASi303氏が起用されています。

高田馬場ゲーセンミカドの店長Ikedaminorock氏によるテクニカルなギターも加わり、重厚感と疾走感を併せ持つサウンドがゲームを盛り上げますよ。