【ビデオ】シボレー、来季から「カマロ ZL1」でNASCARに参戦!

【ギャラリー】2018 Chevrolet Camaro ZL1 Nascar26


2013年以来、GMはシボレー「SS」をNASCARの最高峰カテゴリに参戦させてきた。SSは生産終了となってしまったが、シボレーがNASCAR参戦を止めることは有り得ない。GMは8月10日、SSの後継としてモンスター・エナジー NASCAR スプリント・カップ・シリーズに出場する2018年型「カマロ ZL1」のレースカーをデトロイトで発表した。

GMグローバル製品開発部のマーク・ロイス上級副社長と共にこの発表会場に現れたのは、シボレーのマシンに乗って7度もチャンピオンに輝いたことがあるジミー・ジョンソンだ。新型カマロ ZL1は来年2月、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われるレースでデビューする。


多くのNASCAR出場車両と同様、このカマロも公道を走る市販モデルとは外観が似ているだけだが、先代SSのレースカーと比べると、こちらの方が市販車に近いように見える。だが、ボディパネルの内側は、他の参戦車両と共通だ。フード下に搭載するバンク角90度のプッシュロッド式5.8リッターV8エンジンは900hp近いパワーを発生する。エンジンと同じく、チューブフレーム構造のシャシーやエアロパーツの多くはライバルたちと共有する。



カマロのNASCAR参戦は今回が初めてではない。だが、ZL1と呼ばれる新型カマロのボディを纏って参戦するのは初めてだ。同型の「カマロ SS」は、NASCARの下位カテゴリーであるエクスフィニティ・シリーズに参戦する。この2つのクルマが速いことは間違いないだろう。だが、どちらかといえば我々が好きなのは、ショールームで見る市販車により近い共通点を感じられるシボレーの新型GT4マシン「カマロ GT4.R」の方である。

By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2018 Chevrolet Camaro ZL1 Nascar26



■関連記事【NYオートショー2016】新型シボレー「カマロ ZL1」、640馬力と10速ATになって登場! 【ビデオ】10速ATを採用した新型シボレー「カマロ ZL1」、ニュルブルクリンクで7分29秒60のラップタイムを記録 【ビデオ】シボレー「カマロ ZL1」にアフターマーケット製エキゾーストを装着したら、爆音でエアバッグが誤作動!