足利持氏の嫡子、義久が自害した鎌倉「報国寺」の竹林


 日本史において最も人気の高い時代はいつかと言えば、十中八九、戦国時代こと室町時代後期が挙げられるでしょう。

 戦国時代がなぜこれほど人気なのかというと、司馬遼太郎をはじめ多くの人気作家の小説で題材に取り上げられたことに加え、駆け引きや決断が数多く登場するダイナミックな国盗りの物語が、時代を超えて多くの人々の興味を引き付けるためだと思われます。

 そんな戦国時代に入る直前、関東地方には、京都の足利将軍家の分家筋に当たり、関東地方の政務を統括する鎌倉公方(かまくらくぼう)の足利家が存在していました。しかし、京都と鎌倉の両足利家は戦国時代の突入を待たずに衝突し、これにより関東は応仁の乱(1467年)に先駆けるかごとく一足早く戦国時代へと突入していきます。

 歴史マニアである筆者は、この時代の面白さをぜひ多くの人に知ってほしいと思っていました。そこで今回は夏休みスペシャルとして、そんな「戦国時代前夜」とも言うべき室町時代中期に関東で何が起きていたのかを、前編・後編に分けてまとめてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

足利幕府の鎌倉支社だった「鎌倉府」

 戦国時代前夜の関東を理解するためには、まず、後の抗争で主軸となる「鎌倉府」という足利幕府の機関について理解しておく必要があります。

 鎌倉府とは、“足利幕府の鎌倉支社”と位置付けることができます。京都に本拠を置いて西日本から中日本を支配する足利幕府に対し、関東から東北の東日本を支配する機関でした。

 長官である「鎌倉公方」には、室町幕府の初代将軍である足利尊氏の四男、足利基氏(あしかが・もとうじ、1340〜1367年)の一族が就きました。基氏一族は、独立心が高く有力武士も多い東日本を本家に代わって支配しました。そのため当時日本は、西の室町幕府に対し東の鎌倉府というように、実質的に東西で2つの幕府があったということになります。

足利将軍家と鎌倉公方家の略系譜


諸説ある鎌倉府のスタート時期

 鎌倉府が始まった時期についてはいくつか諸説があります。各説のスタート時期を簡単に紹介すると以下のとおりです。

(1)「建武の新政」において「鎌倉将軍府」が設立された時期(1333年)

(2)足利幕府により「鎌倉府」が設立され、長官として足利義詮(よしあきら:尊氏の嫡男)が派遣された時期(1336年)

(3)義詮に代わって基氏が長官に派遣された時期(1349年)

 この3つの説のうち、現在最もスタンダードな開始時期とされているのは3番目の足利基氏が「鎌倉公方」に就いた1349年です。

 鎌倉府の制度や機構自体はすでに1336年に出来上がっていました。しかし、その時の長官の足利義詮はその後、京都へと戻り、2代目足利将軍を継承します。一方、基氏とその一族はそのまま鎌倉の地に土着し、本家から独立する形で「鎌倉公方家」を作っていくからです。私も、基氏が長官に派遣された時期をスタート時期とするのが適切だと考えています。

鎌倉府に関わる略年表


後継者を指名せずに死亡した義持

 こうした「西の足利幕府、東の鎌倉府」という東西二元体制は、足利幕府の設立から南北朝時代を通して続きました。この間、両幕府は険悪となる時期はありましたが、建前上はうまくやってきました。ところが、将軍本家の継承争いを契機に、両者の間に緊張が走ることとなります。

 足利幕府は3代目の足利義満(よしみつ)の時代に絶頂期を迎え、続く4代目義持(よしもち)、5代目義量(よしかず)の時代は、室町時代で唯一と言っていいほど落ち着いた安定期へと入ります。しかし、5代目義量が後継者を残さぬままわずか18歳で死去すると、安定に歪みが生じ始めます。

 義持には、義量のほかに息子がいませんでした。そのため、義持より先に義量が亡くなると、しばらくは義持が復帰して将軍職を代行することとなりました。

 その義持も病気となり、いよいよ危うい状態となります。ところが困ったことに彼はなぜか後継者の指名を拒み、とうとう誰も指名しないまま息子の後を追うように死んでしまいます。

 これに困ったのが幕府の重臣らです。検討を重ねた結果、既に出家していた義持の4人の弟たち(=3代義満の息子たち)の中からくじ引きで後継の将軍を決めることとしました(このくじ引きは八百長だったという説もあります)。最終的に、延暦寺へ出家していた義教(よしのり、1394〜1441年)が選ばれ、僧から一般人へと戻る「還俗」を経た上で6代目将軍に就任しました。

納得のいかない持氏

 実は、この結果に誰よりも不満を持つ人物がいました。当時、はるか東で鎌倉公方を務めていた足利持氏(もちうじ:1398〜1439年)です。

 持氏としては、自分は初代尊氏の血を引き、ほかの足利一門の男子と違って出家しておらず、なおかつ鎌倉公方としての政務実績も持っていたことから、次の将軍には自分こそがふさわしいという自負があったそうです。しかし前述の通り、後継にはわざわざ還俗させた義教が選ばれました。

 納得できない持氏は、義教への当てつけとばかりにわざと古い年号を使用し続けたり、幕府の指示にいちいち逆らったりするなどして反抗的な態度を取り続けました。

 そして1438年、持氏は、幕府との融和を主張してきた元「関東管領」(鎌倉公方の補佐役)、上杉憲実(うえすぎ・のりざね)の暗殺を図るという暴挙に出ます。危機を察した上杉憲実は逃亡して難を逃れたものの、かねてから持氏を排除したがっていた将軍の義教は全国の武士に持氏追討を命じました。こうして東西幕府が激突することとなる「永享の乱」(1438年)が勃発します。

 持氏は義教の強硬姿勢に対して当初は望むところと受けて立ちます。しかし、持氏の予想に反して関東の武士団は彼の味方にはつかず、かき集めた軍勢も幕府相手に連戦連敗の上、鎌倉の防衛を任せていた武将には寝返られるという散々な始末でした。

 敗北が必定な状況に至って、持氏は剃髪した上で義教に許しを請います。持氏に暗殺されかけた上杉憲実までもが持氏の助命嘆願を行ったものの、義教は許すどころか、あえて上杉憲実を指名して持氏へとどめを刺すよう命じます。

 上杉憲実から攻撃を受け、進退窮まった持氏とその嫡子、義久は、それぞれ逃亡先の鎌倉の永安寺と報国寺で自害へと追い込まれました。

義教の暗殺でますます地に堕ちる将軍の権威

 持氏の死後、将軍の義教はこれまでの二元体制ではなく、足利幕府が東日本も直轄して支配するという構想を持っていたとされます。しかし、持氏死後も西からの支配を拒む関東の武士たちは幕府への抵抗を続け、特に下総(現在の千葉県)に根を張る結城氏朝(ゆうき・うじとも、1402〜1441年)は持氏の遺児たちを担ぎ、「結城合戦」(ゆうきかっせん、1440年)と呼ばれる戦役を起こします。この結城合戦は戦闘規模でいえば永享の乱以上だったとも言われ、当時の関東武士たちの西からの支配に対するアレルギーがどれだけ強かったのかを示す出来事と言えます。

 しかし、その結城氏朝も最後は幕府軍によって討たれ、担がれた持氏の遺児2人も禍根を残さぬよう殺害されます。

 万難を排した義教はこの後、自分の息子を新たに鎌倉公方に任命して派遣しようと考えていたそうですが、結城合戦の直後、義教による粛清を恐れた播磨(現在の兵庫県西部に相当)の守護大名、赤松満祐(あかまつ・みつすけ)によって京都で白昼堂々暗殺されてしまいます(嘉吉の乱、1441年)。将軍権威の向上を志した義教でしたが、まさかの暗殺によって倒れ、この暗殺によって将軍の権威はますます落ちていくこととなります。

 一方、鎌倉公方家が廃された関東では、持氏の遺児に、まだ幼かったことから殺害を免れた何人かの生き残りがいました。その生き残った遺児の1人である足利成氏(しげうじ)は、義教の突然の死もあり、後に関東武士団に担がれる形で鎌倉公方の職を継承します(鎌倉府再興)。

 そして彼を中心に、関東を戦国時代へと導く「享徳の乱」(1455〜1483年)が起きることとなります。続きは次回に(明日、掲載します)。

◎通して読もう!

(1)「応仁の乱」よりも前から鎌倉は戦国時代だった
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50787

(2)かつて湘南ビーチは合戦の舞台だった!
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50789

(3)「関東版の応仁の乱」は約30年も戦っていた
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50855

(4)本家と分家がつぶし合い、上杉家の抗争「長享の乱」
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50856

筆者:花園 祐