【あるある】猫好き人間の性格はわかりやすい? 猫好きにありがちな傾向と特徴7連発

写真拡大 (全5枚)

日本で今最も人気のあるペットと言えば猫でしょう。かつてはペットと言えば犬が代表的だったのですが、近年でその立場はすっかり逆転し、日本国内で飼われている数ももう少しで猫が犬を上回ることになるとされているのです。

猫好きには特徴がある?



そんな猫に溺愛する人には傾向や特徴があるといいます。例えば初対面の人が「猫を飼っています」と自己紹介したら、それ以上は聞かなくても「この人は○○な性格なんだな」とある程度分析できてしまうのです。



猫好きにありがちな傾向と特徴



それでは、猫好きな人には一体どんな傾向や特徴があるのでしょうか。7つにまとめてみましたのでぜひご一読ください。猫好きの人や猫を飼っている人はいくつ該当しているかチェックしてみてもいいでしょうし、逆に猫を飼っていないのにたくさん当てはまる人は、猫を飼うのに向いているのかもしれませんよ。

1. とにかく猫の写真を使いたがる

隙あらば猫という具合に、写真を使う機会があればとにかく猫の写真を使いたがり、猫の可愛い写真を多くの人に見せたいと考える人が非常に多いです。FacebookやInstagramなどのSNSや、LINEなどのメッセージアプリの自分のアイコンは確実に猫の写真。日々のSNSの投稿もとにかく猫の写真。コメントも添えずに猫の写真を投稿します。

スマホの待ち受け画面も猫にするのは当然ですし、年賀状は何の干支でも猫。ゆとり世代の若者には履歴書に猫の写真を使った人がいるという逸話さえあります。

2. だらしない人が多い?

猫を飼い始めたらその可愛さに溺愛するものの、飼い始めるきっかけは猫は自分で勝手に行動してくれるから世話が楽という点であることが多いと言われています。楽だから飼いたいとは思っていないまでも、猫の自由な姿が好きだという人は無意識のうちに意識していることが多いようです。

猫好きの中でも猫は放置できて楽だと考える人は、だらしない性格をしていることが比較的多いようです。毎日散歩をしなければいけない犬のように手がかかるペットなんて無理と考えてしまったり、とにかく楽をしたいと思うのです。実際、そういう猫好きの人の家に行ってみると非常に散らかっていることがあるようですね。



3. マイペース

根本的な部分は2番の「だらしない人が多い」と考え方が同じです。ペットを飼いたいけど自分の生活スタイルを崩したくないと猫を飼い始める人の場合、非常にマイペースな傾向があります。まわりにペースを乱されずに突き進めることはプラスな要素でもありますが、協調性に欠ける点があるのも否めません。一人でも暮らしていけるタイプが多いようです。

延々と猫を撫でて可愛がったり、猫に話しかけたり、猫と遊びながらついオリジナルの歌を口ずさんでしまっている人は要注意かもしれません。

4. Mっ気が強い

猫は慣れてくればどんどんなついてきますが基本的にはマイペース。犬と違って言うことはあまり聞いてくれず、猫が寄ってきたいときにしか相手してくれません。そのため基本的には人間が猫のペースに合わせ、猫に振り回される形になるのです。

これを受け入れられるほど猫が好きな人というのは、やはりMっ気が強いと言わざるをえないでしょう。猫に振り回されることにある種の快感を覚えている人も……。

対照的に、犬が好きだという人はSっ気が強いとも言えます。犬が命令を素直に聞いてくれることに快感を覚える人はどうかんがえてもSでしょう。支配欲の強い人が犬を飼い、支配されたい人が猫を飼うのかもしれませんね。



5. 飲み会が大好き

ペットを飼っているとなるべく早く家に帰りたくなるものですが、猫を飼っている人の中には不思議とその傾向は薄く、飲み会などにも積極的に参加する人も少なくありません。その理由は猫ならある程度放置しても大丈夫という考えが根底にあるから。お泊りや旅行などはさすがに気が引けてしまうものの、その日のうちに帰れたら大丈夫と考えるのです。

ちなみに、ウサギを飼っている人は1分1秒遅くならないように、一刻も早く帰ろうとする傾向があります。これはウサギは寂しいと死んでしまうからという都市伝説を信じている人が多いからでしょうか。

6. クリエイティブな仕事をしている

猫好きな人はクリエイティブな仕事や、何か一芸が必要となる技術職に就いていることが多いようです。猫が好きな人は周りにから振り回されることを苦手とし、マイペースで好きなことに没頭することを得意とするため、自然とクリエイティブな技術が身につきやすいのでしょう。

SNSに手の込んだ写真や動画を投稿されたり、イラストを描かれたり、グッズを作られたりするペットは犬よりも圧倒的に猫のほうが多いですよね。これは単純に猫のほうがかわいいからというわけではなく、猫好きな人はこういった創作活動が好きだという傾向があるからなのかもしれません。

7. 突然発狂したくなる

猫好きの人には、猫がびっくりしたときのリアクションが好きだという人も非常に多いです。そのためでしょうか、突然大声でわめいたり、叫んだり、突拍子もない行動をして猫を驚かせようとする人も多くなっています。

本人は意識していなくても、家でいきなり「うおおおおおおおおーーーー!!」「うわああああああああーーーー!!」などと叫んでいるかもしれません。



知っていると対策を取りすくなる



これらの猫好きにありがちな傾向と特徴を把握しておけば、きっとさまざまなシーンで役立つことでしょう。

たとえばあなたが会社の面接官だった場合、猫を飼っているということを把握できれば、それだけで「事務職よりクリエイティブな仕事をする部署で採用してみよう」というような対策ができるのです。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/