主力流出が続くフィオレンティーナ、クロアチア代表MFバデリの残留を公式声明で発表

写真拡大

▽フィオレンティーナは15日、クロアチア代表MFミラン・バデリ(28)が残留することを発表した。

▽今季終了後に契約の切れるセントラルMFのバデリにはこれまでミランやインテル、ローマが獲得に興味を示していたと報じられていた。しかし、フィオレンティーナは公式サイトで次のように声明を発表している。

「ミラン・バデリは新シーズンもヴィオラのユニフォームを着てプレーする。ピオリ監督の新たなサイクルを作ろうとする熱意にも賛同している。プロフェッショナリズムな精神をチームにもたらしてくれることだろう」

▽今夏、フィオレンティーナはFWフェデリコ・ベルナルデスキ、MFボルハ・バレロ、MFマティアス・ヴェシーノ、DFゴンサロ・ロドリゲス、GKチプリアン・タタルサヌら昨季の主力メンバーが多数移籍していた。