1 OAK TOKYO外観イメージ

写真拡大

 ニューヨーク発のナイトクラブ「ワンオーク」が、日本1号店を六本木に出店する。オープン日は8月25日。
 「One of a kind」の略語から名付けられたワンオークは、2008年にニューヨークのチェルシー地区に1号店をオープンして以来、世界中のセレブリティ達が集うクラブとして注目を集めている。2012年にラスベガス、2014年にはロサンゼルスに出店。今後はロンドンやドバイにも展開が予定されている。
 日本1号店の「ワンオークトウキョウ」は六本木ヒルズ前にオープン。世界で4番目の店舗でアジアでは初の展開となる。面積は1,576平方メートルで、3フロアから構成。座席は133席を設置し、ワンオーク史上で最大級の規模となる1,000人を収容する。DJやスタッフはニューヨークから招聘し、ビジュアル面は、2017年のグラミー賞でベスト・レコーディング・パッケージ部門にノミネートされたアーティスト Roy Nachumが率いるMercer Projectが担当。8月25日から27日までの期間、一般客も来場可能なゲストを招いたグランドオープニングイベントを開催する。