携帯電話でネットを利用する人は7億人以上で、ユーザーの月平均モバイルインターネット通信量は1.5GB以上に達する。

写真拡大

携帯電話でネットを利用する人は7億人以上で、ユーザーの月平均モバイルインターネット通信量は1.5GB以上。こんなにも通信量が多いのは、スマホが手放せなくなるのが癖になっているからだろうか、それとも生きるため必要だからだろうか。スマホ族のあなたは果たして、より素晴らしい生活を送っているのだろうか、それとも焦りを募らせているのだろうか。新華網が伝えた。

◆ 月平均の通信量は1.5GB、どこに消費した?

北京市民の王麗霞さん(65)にとって、スマホは老後の重要な支え、最大の楽しみになっている。

外出前にスマホでタクシーを呼び、昼食の時間になればアプリで出前を呼び、寝る前にベッドでドラマを視聴し、暇な時には微信(Wechat)のチャットグループで、隣人の代わりに子供を送り臨時収入を得る。

中国工業・情報化部(省)の統計データによると、中国の個人のモバイルインターネット通信量が、毎月増加している。今年6月の1人あたりモバイルインターネット通信量は1591MBで、前年同月比125%増となった。さらにWi-Fi利用時の通信量を加えれば、この数字は数倍に跳ね上がる。

中国聯通(チャイナ・ユニコム)が発表した「7月モバイルアプリランキング」によると、微信、QQ、騰訊視頻、支付宝(アリペイ)がアクティブユーザー数でトップ4を占めた。うち微信のユーザー数は8億6000万人。1人あたり通信量消費ランキングのトップ4は、短編動画制作・共有サイトの快手、微信、動画共有サイトの●哩●哩(ビリビリ。●=口偏に畢)、網易雲音楽。

人々は通信量を消費すると同時に、通信量を作って、それを現金化している。こうしてかつてない新職業が生まれ、多くの起業・雇用機会を生んでいる。

短編動画制作・PR会社「星駅伝媒」の創業者である朱峰氏は、「起業して携帯動画を作らなければ、私は国有企業で働くか公務員になり、決まりきった仕事と生活を繰り返していただろう。しかしモバイルネットワークは私たちの世代に、従来とは違う生き方を模索するチャンスを与えてくれた」と話す。

一部の統計データによると、中国では新興業種が1000以上も生まれている。2016年にはシェアリングエコノミーだけでも、サービス提供者が6000万人に達した。国家情報センターは、2020年には1億人を突破すると予想している。

◆スマホを手放せない生活になって何を失った?

インターネットは生活の利便性を高め、娯楽と収益をもたらすが、悩みと戸惑いもある。

杭州市のIT企業で働くOLの程さんは最近、微信モーメンツの使用を停止したという。その理由は簡単だ。「思わずチェックしてしまい、通信量を消費してしまうのはともかく、時間を無駄にしているから」

ドイツの調査会社「Statista」の統計データによると、中国のスマホユーザーは2016年にスマホを毎日3時間利用しており、「夢中度」で世界2位につけている。テンセントのデータによると、微信だけでも毎日の使用時間が1時間半のユーザーが半数に達している。

清華大学新聞・伝播学院の金兼斌教授は、「通信量経済は人々の注意力を奪い、自己喪失という最大の問題が生じる。スマホを手にして忙しそうに見えるが、その一部の仕事は急ぎのものではない。表面的にはネット記事を読み多くのことを学んだように見えるが、得られる知識は系統的ではなく、問題を直接解決できるものではない」と指摘した。

テンセントが行った「SNS断捨離」実験によると、15日続けて微信の使用時間を毎日30分に短縮すると、被験者の消極的な情緒が大きく改善され、仕事への集中度が大幅に高まった。

人と人がいつまでもスマホの交流のみに留まり、特に長期的にSNSにのめり込むと、性格や行為の形成に知らぬ間に影響が生じる。