第1シードの本玉真唯が全年代制覇のかかる佐藤南帆と準決勝対決へ [全日本ジュニアU18&U16女子]

写真拡大

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」(8月8〜17日)の8日目、大阪市・靱テニスセンターではU18のシングルス準々決勝および、U16、U14、U12のシングルス&ダブルス準決勝が行われた。

 U18の女子シングルスは、第1シードの本玉真唯(日出高)、第3シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、第4シードの佐藤南帆(有明ジュニアTA)の上位シード勢と、ノーシードの内島萌夏(昭和の森ジュニアTS)が準決勝に進出。

 U16はトップ2シードが準決勝で敗れた。第3シードの光崎楓奈(h2ETC)が第1シードの坂詰姫野(山梨学院高)に7-6 (4) 7-5で競り勝ち、第2シードの川村茉那(CSJ)にはノーシードの15歳・今村咲(JAC Project)が6-3 6-3でストレート勝ち。ともに全日本ジュニアで初の決勝進出となる。

◇   ◇   ◇

 4つの年代にカテゴライズされているこの大会において全年代を制覇するというのは大きな快挙で、10年前に奈良くるみ(安藤証券)が達成したのが最後。今大会では、それ以来となる達成に佐藤南帆が王手をかけている。昨年U16を制した佐藤にとって今年はU18の初年だが、準々決勝でノーシードの倉橋奈摘(野田学園高)に6-4 6-0に快勝し、全年代制覇へ一歩前進した。

 好調をキープする佐藤の準決勝の相手は、第1シードの本玉。U12こそ優勝を逃したが、U14、U16と制してきた。それもまた、奈良のあとは誰もやっていないことだ。

 本玉も、3回戦までの失ゲームがすべてて4ゲーム以内と快勝続きで、準々決勝も末野聡子(芦屋学園高)に6-2 6-3と危なげなく勝利。安定したサービスと得意のフォアを軸にしたテンポのいい展開を見せた。

 佐藤の全年代制覇か、本玉のU14からの3年代制覇か。準決勝で可能性はどちらか一つに絞られる。二人の大きな違いは、本玉にとって今年がラストチャンスで、一歳下の佐藤には来年もまたチャンスがあるということだ。

 しかし、「まだ来年がある、とかは全然考えてないです。やっぱり今年、優勝を狙ってますけど、そんなに考えすぎているわけでもないです」と佐藤。一方、昨年は第1シードながら3回戦で敗れた本玉も、「去年は気負ってしまったけど、今年は少しリラックスできています。もちろん優勝はしたいので、今の精神状態をキープできれば」と、国内外での経験を重ねて、少し余裕がうかがえる。

 実は準決勝進出の4人の中で、年齢的に今年がジュニアのラスト・イヤーになるのは本玉だけだ。まだ16歳ながらU18への出場が今年2年目となる内藤は、第12シードの伊藤日和(椙山女学園高)を6-1 6-1で一蹴。昨年U16のベスト8だった内島は、第2シードの宮本愛弓(ローズヒルTC)を1回戦で破ってきた安藤優希(TEAM 自由ガ丘)を6-4 6-0で退けた。

◇   ◇   ◇

  U16で決勝進出を決めた光崎と今村はともに、全日本ジュニアではベスト8が最高だった。

 光崎の躍進の裏には、今年の1月から2月にかけて南米4ヵ国で5大会を転戦した経験があるようだ。クレーコートで粘り負けずに、その中で攻めるテニスをする力が前よりも増したと話す。

 坂詰との準決勝にも、自信を強く持って臨んだ。第2セットの5-2から5-5に追いつかれたが、相手のミスを誘うテニスで2ゲームを連取。一つ年下の今村との決勝に向け、「ちょっとプレッシャーですけど、得意のフットワークを使って、しっかり攻めていきたい」と話した。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美) 

※写真はz「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」の18歳以下女子シングルスの準決勝に進んだ第1シードの本玉真唯(日出高)(撮影◎江見洋子/テニスマガジン)