ヨガ行者、成瀬雅春先生に教わった心身のバランスを整える呼吸【楽しい瞑想】

写真拡大 (全4枚)

メンタルを落ち着かせるヨガ呼吸法
こんにちわ、IT翻訳者&エディターの松本恭です。今回は、ヨガ行者として有名な成瀬雅春先生に習ったヨガの呼吸法について書いていきます。呼吸法は瞑想の前にコンディションを整えるためにおすすめです。呼吸法を行うことで、日常的な意識状態から瞑想に向けた意識に一気に移行することができます。わずか数分ですが、効果絶大です。ぜひ試してみてください。
ヨガで心身ともに元気いっぱいに
vol.1、vol.2でも触れたとおり、かつて成瀬先生のヨガ教室に3年ほど通っていました。ちょうど職場と家の中間に教室があったので、週に3回ほど通うことができました。その蓄積は体のどこかに残っており、今でも体調を整えたくなると、自然にいくつかのポーズを組み合わせて体をほぐします。ヨガに熱中するようになったきっかけは、ヨガをすると生まれ変わったように元気になれたからです。当時は20代後半でしたが、仕事が終わると疲れ切っていて、疲れを取るために毎日お風呂に2時間も入らなければなりませんでした。9時から18時までのオフィスワークで、ゆとりのある職場だったにもかかわらず、いつも疲れて、気分も沈みがちでした。重い体を引きずるようにヨガ教室に行って、足首回しなどの準備体操に始まり、アーサナと呼ばれるいくつかのポーズ、逆立ち、呼吸法、集中法(瞑想の入口)という一連のコースを終えると、教室に入ってからわずか90分しか過ぎていないのに、踊りだしたくなるほど元気にあふれて、気持ちも明るく晴れ渡っていました。その変化はものすごく、ヨガをする前と後では完全に別世界でした。言ってみれば、どんよりとした灰色の雲に包まれていたのが一転して、爽やかな青空が広がっているような感覚です。
ヨガの呼吸法に熱中する
週に3回もヨガ教室に通っていると、自宅でもヨガに取り組むようになります。毎朝、太陽礼拝(イラスト)という全身を使うエクササイズをしたり、瞑想をしたりしていました。生活の中にヨガのリズムを入れることで、いつでも軽やかな状態でいることができたのです。一連のトレーニングのなかでも、とくに気に入っていたのがプラーナヤーマと呼ばれるヨガの呼吸法です。呼吸のコントロールで意識が変化していくのが面白く、さまざまな呼吸法を試していました。初期仏教の瞑想法にも呼吸法はありますが、ヨガの呼吸法とは異なったものです。非常に大づかみに説明すると、仏教の呼吸法が「あるがまま」を観察するのに対して、一般にヨガの呼吸法ではテクニックを用います。仏教の呼吸法に関しては、実地で教えてもらわなくても、書籍などを参考にしてもある程度は実践できると思いますが、できればヨガの呼吸法は指導者から教わったほうがいいと思います。微妙なコツがあるのです。

Point!ヨガの呼吸法と仏教の呼吸法は違う

私は呼吸法の研修にも参加して、成瀬先生からヨガの呼吸法について詳しく教えてもらいました。呼吸法だけではなく、ヨガの指導にも言えることですが、できるかぎり微細に観察するというのが成瀬先生の指導の特徴でした。細かく観察していると、どのように体を使うと、どう意識が変化するのかがだんだん分かるようになってきました。今も、瞑想を始める前には、「カパーラ・バーティ・クリヤ」(日本語では「頭蓋光明浄化法」)という、腹筋を使ったエネルギッシュな呼吸法を行うことが多いです。一瞬でエネルギー状態が変化し、瞬時に集中した状態に入れるからです。しかし、カパーラ・バーティ・クリヤは高度なテクニックを使うため、正しい指導者から習わなければ、微妙なコツはわかりづらいと思います。今回は、誰でも実践できて安全かつ心身のバランスを保つために役立つ「スカ・プールヴァカ・プラーナヤーマ」(安楽呼吸法)を紹介します。