今や私たちの生活の一部になっているSNS。しかし密接に関わりすぎているからこそ、ストレスを感じてしまうこともあるようです。そこで今回はに引き続き、「私たちがSNS疲れを感じた理由」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

1. アカウント数が多くてストレスも増大

リアアカや趣味アカ、グチアカにビジネスアカウントなどなど。場面に応じてSNSを使い分けている人も多いようです。でもアカウントの数とストレスは比例していくようで……。

・ 「リアアカではキラキラした自分を演出しなきゃいけないし、趣味アカではみんなから外れた意見を言わないように、周囲の目を気にしなければいけない。たまに何もかもイヤになって、全部のSNSから姿を消したくなることがあります……」(23歳/接客)

▽ 楽しむために作った複数のアカウントが、かえって自分の首を絞めてしまうことになるなんて……。一度自分の中でアカウントの優先順位をつけてみると良さそう。「SNS断捨離」も悪くないと思いますよ。

2. みんなにイイネやコメントをしなければいけない

これはSNSをやっていれば、多かれ少なかれ誰しもが悩むことではないでしょうか。

・ 「私が気を使いすぎているのか、みんなに平等にイイネやコメントをしなきゃと思ってしまう。最近では自分は全く投稿していないのに、イイネをするためだけにSNSを開いています」(28歳/福祉)

▽ 自分自身「あの子にはコメントしてるのに、私にはイイネもくれない……」と思うことがあるからこそ、「イイネをしなきゃ!」と思ってしまうんでしょうね。別にイイネをしなければならない義務なんてないし、コメントも好きなときにすればいいのだと思います。でもこまめにアクションを起こさないとリムーブされてしまう恐怖もあるもの。考えれば考えるほどに、SNSって奥が深いですね……。

3. 知りたくなかった情報も目にしてしまう

元カレや苦手だった女友達の今の状況を知って、モヤモヤしてしまったことがある人もいるのでは?

・ 「中学のときにいきなり私を仲間外れにした子が、今は結婚して子どもも生まれて、幸せに暮らしていることを知ってしまった」(27歳/一般事務)

・ 「元彼の浮気で別れることになったんですが、彼がその浮気相手とできちゃった結婚をしたらしい。Facebookに仲むつまじい写真を載せていたけれど、すごく複雑な気持ちになった」(31歳/美容系)

▽ 思いがけない情報を知ると、昔のイヤな記憶も蘇ってしまうもの。「あの人ばかり幸せでズルい……」なんて負の気持ちも生まれてしまいますよね。このようなときに「やっぱりSNSって疲れるわ……」と思ってしまうのでしょう。

SNSと適度な距離を保つことができれば、きっとストレスを感じることも少なくなるはず。たまにはスマホから距離を置いてみて、自分だけの時間を設けてみることも大切かもしれませんね。