パウリーニョ加入で競争激化! バルサ生え抜きMFに“玉突き移籍”浮上か

写真拡大

昨季公式戦47試合出場のS・ロベルト、ライバルも評価を高めて苦境に

 バルセロナは中国の広州恒大から、ブラジル代表MFパウリーニョを移籍金4000万ユーロ(約52億円)で獲得した。

 中盤に新たなビッグネームを加えたが、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「セルジ・ロベルトが将来について考え直すかもしれない」として、この移籍の煽りを受けて生え抜き選手が流出する可能性を指摘している。

 S・ロベルトは、バルサの下部組織時代から将来を嘱望された逸材。中盤でのプレーを本職としているが、トップチームでは同ポジションにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツらが君臨することから、昨季は右サイドバック、インサイドハーフ、アンカーと3つのポジションを務め公式戦47試合に出場した。UEFAチャンピオンズリーグ16強のパリ・サンジェルマン戦では、歴史に残る4点ビハインドからの大逆転劇を演じた第2戦で決勝ゴールを決めるなど、印象的な活躍も見せている。

 エルネスト・バルベルデ新監督の下でもS・ロベルトは貴重な戦力になると見られていたが、右サイドバックでは出番の少なかったスペイン代表DFアレイクス・ビダルが評価を高め、新戦力としてポルトガル代表DFネルソン・セメドも加わるなど、徐々に雲行きが怪しくなっている。

マンUやチェルシー、ミランなどが興味か

 中盤はブスケッツ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチらが君臨するうえに、パウリーニョの加入で競争はさらに熾烈となった。記事によれば、S・ロベルトは自身の立場について不安を募らせているという。

 25歳の万能MFに対しては、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーというイングランド勢に加え、ACミランやユベントスといったイタリア勢からも関心を持たれているようだ。いずれのクラブも契約解除金4000万ユーロを支払う財力はあるため、移籍の可能性も否定できない。

 バルセロナはこの取引が実現すれば、パウリーニョの獲得資金をまるまる回収できることになる。とはいえ、近年は大型補強の影響によりカンテラーノ(下部組織出身者)の台頭が減少している。期待の星だったS・ロベルトが放出となれば、そうした流れにさらに拍車がかかることになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images