ファーストキッチンがウェンディーズとのコラボ店として展開している「ファーストキッチン・ウェンディーズ」で、バンズの代わりに100%ビーフパティで具材をサンドしたバーガー「ワイルド☆ロック」が登場しています。ガツンと肉を味わえる上に、糖質を約4.6gまで抑えた低糖質バーガーになっているとのことで、実際にどんな味わいなのか食べてみました。

ファーストキッチン 初の取組み 低糖質商品を発売! - Wendy's x First Kitchen

http://wendys-firstkitchen.co.jp/news/?nwid=347

ファーストキッチン・ウェンディーズに到着



ワイルド☆ロックを注文しました。



包み紙を開くと、ウェンディーズ特有の四角いビーフパティで作られた肉肉しいバーガーが入っています。



パティとパティの間には国産のスライストマトやグリーンリーフや焼きたてのベーコンエッグに、ファーストキッチン オリジナルのタルタルソースが挟まれています。



さっそく手に取ると、バンズの代わりに2枚もビーフパティが使われているため、ずしっとした重みを感じます。



食べてみたところ、粗めのひき肉の食感が残ったジューシーなビーフパティは、牛の味わいがしっかりしているだけでなく、食べ応えもあります。具材はフレッシュな野菜とベーコンエッグなので、胃がもたれるようなことはなく、全部食べるとしっかり満足できました。これまでのファーストキッチンの軽めのパティだとここまでの満足感は得られないはずなので、ウェンディーズのビーフパティであることをしっかり味わえるハンバーガーとなっています。