先月閉店した「ゴントラン シェリエ」新宿サザンテラス店 画像:FASHIONSNAP

写真拡大

 ベイクルーズが日本で展開しているパリ発のブーランジェリー「ゴントラン シェリエ(GONTRAN CHERRIER)」の既存店舗である福岡パルコ店とJR名古屋高島屋店が、業態変更に伴い8月下旬に営業を終了する。これをもって、国内で展開していたゴントラン シェリエの店舗は全て閉店となる。
 同社は、今年6月からゴントラン シェリエの店舗をオリジナルブーランジェリーブランド「ブール アンジュ(BOUL'ANGE)」へ業態変更を図っており、日本に構えている7店舗のうち5店舗がゴントラン シェリエとしての営業をすでに終了。既存店舗は福岡パルコ店とJR名古屋高島屋店のみとなっていたが、福岡パルコ店については8月16日をもって閉店し、同月18日からブール アンジュとして営業を開始する。JR名古屋高島屋店は8月29日に閉店し、ブール アンジュとしてのオープンは8月30日が予定されている。
 ブール アンジュでは食パンをメインの商品の一つとして打ち出しており、トースト専用の「パン ド ミ "ブール"(Pain de mie "Boul")」と生食専用の「パン ド ミ "アンジュ"(Pain de mie "Ange")」の2種類を数量限定で展開。また、1日に約1,000個を売り上げる人気商品のクロワッサンや、時間帯によってトッピングが変わるタルティーヌ、ロールケーキ、焼き菓子など豊富なラインナップをそろえている。
 同社とゴントラン・シェリエは、JR名古屋高島屋店がオープンしている8月29日までは契約しているが、今後の展開について広報担当者は「ベイクルーズとしての回答は控える」としている。