PK判定にシャペコエンセが5分猛抗議、異例の10分延長 浦和が大会初タイトル獲得

写真拡大

浦和のブラジル人DFアントニオが公式戦デビュー

 試合終了間際の1点で競り勝った浦和レッズがスルガ銀行チャンピオンシップを制した。

 昨季のルヴァン杯優勝の浦和とコパ・スダメリカーナ優勝のシャペコエンセ(ブラジル)の一戦は、スコアレスで推移した後半アディショナルタイムに主将の阿部勇樹がPKを決めて1-0で勝利した。

 前身のヤマザキナビスコ杯時代から優勝チームをJリーグ代表として戦われてきた同大会は今回が10回目。これまでJリーグ勢が5勝、南米勢が4勝で迎えた。シャペコエンセは昨年11月にコロンビアで起きた飛行機事故でチームの大半が亡くなるという悲劇に見舞われたが、チームを再建してこの大会に臨んだ。

 浦和は先月にポルトガルのマリティモから獲得したブラジル人DFマウリシオ・アントニオが公式戦デビューし、3バックの中央を務めた。前半は試合が完全に膠着し、互いに決定機はゼロ。局面ごとに激しい争いは見られたが、ゴール前のシーンが少ないままハーフタイムを迎えた。

 後半に入るとシャペコエンセがプレスの圧力を強めて先に主導権を掴んだ。同14分にはスルーパスに抜け出したFWカイケがGKと1対1になりかけたところで、浦和GK榎本哲也がファインセーブ。こぼれ球をカイケが再び狙ったが、角度がほとんどなく事なきを得た。

猛抗議で試合が10分延びる展開に

 後半途中から浦和もペースをつかみ返すが、ゴール前に入り込めないのは前半から変わらず。大きなチャンスを作り出せずに試合が進んだが、同43分にゴール前にボールが浮いてこぼれたところFWズラタンが倒されてPKを獲得。シャペコエンセの猛抗議で約5分にわたって試合が止まったが、浦和の主将MF阿部勇樹が冷静にゴール右に蹴り込んだ。

 このプレー前の猛抗議などによって最終的にアディショナルタイムは約10分に延びる異例の展開となったが、残り時間を浦和が守り切ってそのまま1-0で勝利。浦和は同大会の初出場で初タイトルを手にした。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】FOX Sports Argentin公式ツイッターが投稿、シャペコエンセが猛抗議したズラタンPK判定の場面

https://twitter.com/FOXSportsArg/status/897424395437719552

FOX Sports Argentin公式ツイッターが投稿、シャペコエンセが猛抗議したズラタンPK判定の場面