マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは、チリのサンティアゴにある「グランド ハイアット サンティアゴ」を「ホテル サンティアゴ」としてリブランドオープンする。

ビジネスと観光に便利なラス・コンデス区に位置。敷地面積は約25,000平方メートルで、屋外プールや庭園、5つのレストランとバー、会議室、バンケットルーム、スパ、フィットネスセンターも備えている。客室からは、サンティアゴの街並みとアンデス山脈の雄大な眺望を楽しむことができる。マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループにとって、南米へは初進出となる。客室とパブリックエリアの大幅改装を行い、2018年後半にも正式オープンを見込んでいる。

マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは、香港やバンコク、ニューヨーク、ロンドンなど世界19カ国で29軒のホテルを運営している。2017年内には、「マンダリン オリエンタル ドーハ」を開業する予定。