名作童話「銀河鉄道の夜」の文章を切り絵にした作品に注目が集まっています。

小説の一部を「切り絵」に!

切り絵を投稿しているのは、里紗(@mi_kocoa)さん。

Twitter/@mi_kocoa

里紗さんは、さまざまな切り絵の作品を制作しています。

今回は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の一節を切り絵に。繊細にカットされた文字の美しさに、思わず見とれてしまいます。

Twitter/@mi_kocoa

一部では文字自体を白抜きに切っており、その精巧さに驚嘆。部屋に飾って、ずっと眺めていたくなってしまいます。

里紗さんによると、制作には100時間ほど掛かっているそうです!

Twitter/@mi_kocoa

ツイートには「とっても素敵です!!」「めっちゃ細かい…!!」「凄い。感動。綺麗」といったコメントも。

ステキすぎると話題となり、「いいね」も19万件を突破していました。

物語の不思議さに惚れて…

なぜ銀河鉄道の夜の切り絵をつくったのでしょうか? 里紗さんにお話を伺ってみました。

―― 「切り絵」の制作を始めたきっかけは?

とても好きな切り絵の作家さんがいて、こんなふうに作れたら楽しいだろうなと思って作ってみたのがきっかけです。

Twitter/@mi_kocoa

―― 「銀河鉄道の夜」を題材に選んだ理由を教えてください。

英文の切り絵は見かけるのに和文の切り絵はあまり見ないと思い、和文の切り絵を作ろうと思い立ちました。

そこで名前は知っていたものの未読だった「銀河鉄道の夜」を読んでみたら、物語の不思議さに惚れてしまったんです。

小説を読んでいるうちに、切り絵のイメージが出来上がったので作ってみました。

Twitter/@mi_kocoa

―― 「銀河鉄道の夜」の制作で、難しかった部分はどこですか?

袋文字の部分(白抜き文字)と最後の縁を切り取って、紙から取り出す作業が難しかったです。

全体がもろいので、紙をくるくる回すうちにちぎれてしまわないかと…とても気を遣いました。

Twitter/@mi_kocoa

 

Twitter/@mi_kocoa

―― 「切り絵」を制作する上で、こだわりや大切にしていることはありますか?

丁寧に作ることを大切にしています。

それと切り絵の切り出した線が好きなので、自分の好きな線を作ることにこだわっています。

―― ありがとうございました。

Twitter/@mi_kocoa

現時点で切り絵は販売していませんが、いずれ通信販売を行う予定だそうです。

里紗さんの作品が気になる方は、ぜひTwitterアカウントをチェックしてみてください。

※この記事のツイートと画像は里紗さん(@mi_kocoa)の許可を得て掲載しています。