安藤裕子×LEO今井×峯田和伸のスリーマンで濃厚な個性のぶつかり合い

写真拡大

 2017年8月9日、東京・SHIBUYA CLUB QUATTROにて、安藤裕子が初めてオーガナイザーとなったスリーマンライブが開催。LEO今井、峯田和伸の2組が出演し、同年代ミュージシャンながら、まったく違った濃厚な個性がぶつかり合うステージを繰り広げた。

 両者のステージには安藤が1曲づつ参加。LEO今井バンドと「Tokyo Lights」を、峯田和伸とは、昨年リリースされた銀杏BOYZトリビュートアルバムで安藤がカバーした「なんとなく僕たちは大人になるんだ」を、山本隆二(pf)を迎えての3人編成で披露するというスペシャルな演出も見られた。

 そして安藤のライブは、「僕は雨の日の夕暮れみたいだ」「勘違い」「永すぎた日向で」など、エモーショナルかつドープな世界全開で、前出の2組に負けず劣らず客席を圧倒させた。さらに「苦手だ」と呟きながらも、アコースティックギターを手に取り、今回のライブに向けて完成させた未発表曲「金魚鉢」を披露。憂いを帯びた歌声とオルタナティブなメロディが響くロックなナンバーで、新たな一面を見せてくれた。

 ステージの中盤では、峯田和伸が再び登場し、峯田が安藤へ楽曲提供を行った「骨」を2人で熱唱。会場が一体となって熱気の渦に包まれる、この日のハイライトになった。MCで安藤は「いっぱい迷っている近年です。人間は結構立ち止まるものだなと思いました。でもこうやって迷っても音楽で楽しい思いができるというのは非常に生きてきた道のりを思い出してもありがたいことだなと思います」と自らの心情を吐露。その心を反映してか、決して明るく楽しいセットリストではなかったが、彼女が全身全霊で放った歌声がしっかりと客席に届いていたことを、終演後の鳴り止まない盛大な拍手が物語っていた。

 終演後の場内では、年末年始の恒例となりつつある【安藤裕子 Premium Live】の開催が発表された。12月15日に大阪・森ノ宮ピロティホール、年が明けた2018年1月8日に東京・なかのZEROで開催される。今年6月に行った公演とはまた異なる新たな展開を考えているとのこと。オフィシャルHP先行は8月20日まで受付中。

Live Photo:Aki Ishii

◎セットリスト
【〜安藤裕子×峯田和伸×LEO今井〜】
2017年8月9日(水) SHIBUYA CLUB QUATTRO
<LEO今井>
01 河童の歌
02 Taxi
03 Akare/Prism
04 Lemon Moon
05 Maisie's Avenue
06 Tokyo Lights(w:安藤裕子)
07 Omen Man

<峯田和伸>
01 光
02 援助交際
03 恋は永遠
04 エンジェルベイビー
05 BABY BABY
06 ぽあだむ
07 なんとなく僕たちは大人になるんだ(w:安藤裕子・山本隆二)

<安藤裕子>
01 私は雨の日の夕暮れみたいだ
02 勘違い
03 お誕生日の夜に
04 骨(w:峯田和伸)
05 金魚鉢(未発表曲)
06 永すぎた日向で
07 アメリカンリバー

安藤裕子Band Member:
Key.山本隆二
Gt.名越由貴夫
Ba.沖山優司
Dr.あらきゆうこ
Cho.酒井由里絵

◎ライブ情報
【安藤裕子 Premium Live 2017-2018 〜ゆく年くる年〜】
2017年12月15日(金)大阪・森ノ宮ピロティホール
2018年01月08日(月・祝)東京・なかのZERO
チケット:全席指定 6,500円(tax in.)
オフィシャルHP先行受付:8/14(月)20:00 〜8/20(日)23:59
URL:http://bit.ly/2wLY7N2