小松亮太、ジブリの音楽を集めたニューAL9月にリリース決定 クミコ/坂本美雨/宮沢和史らボーカル参加

写真拡大

 バンドネオン奏者・小松亮太が、スタジオジブリの音楽を集めた『天空のバンドネオン〜タンゴでスタジオジブリ〜』を9月27日にリリースすることがわかった。

 小松亮太は、2015年12月に東京・三鷹の森ジブリ美術館の観客へのサプライズとしてクリスマスイベントに出演した際、初めて『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』などスタジオジブリ映画の音楽を自ら編曲し演奏した。そこでバンドネオンとスタジオジブリの音楽との親和性を強く感じ、スタジオジブリにカバーアルバムのオファーを敢行し、今回のアルバム制作に至った。

 本作は、スタジオジブリの音楽に加えて、アルバムのトーンに合う小松亮太ならではの極上のタンゴ楽曲も織り交ぜており、どこか懐かしく洗練された郷愁の世界が表現されている。また、アルバムのタイトル『天空のバンドネオン』は、スタジオジブリの作品やその音楽に飛翔感が感じられることから、小松亮太自身が名付けたもの。さらに本作では、ボーカルをフィーチャーした楽曲も収録。小松亮太と以前より親交のあるクミコは、映画『コクリコ坂から』の主題歌「さよならの夏」で、坂本美雨は「風の谷のナウシカ」でそれぞれボーカルを担当している。また、宮沢和史とは映画『紅の豚』主題歌の「時には昔の話を」で久しぶりの共演を果たしている。

 なお、今回のプロジェクトに関して小松亮太は「スタジオジブリの映像作品の印象的なテーマ曲や挿入歌は、数えきれないアーティストがカバーしてきたが、今回のアルバムはそれをタンゴという見地から解釈した初めての作品になったのではないかと思う。スタジオジブリの音楽に、未だ知られざる魅力を掘り起こす余地があるのだとしたら、それを炙り出すことができるのは、僕のような数少ないタンゴミュージシャンかもしれない。僕の考える新しいスタジオジブリの音楽、新しいタンゴの在り方、そしてバンドネオンという謎に満ちた楽器の濃厚な佇まいをお楽しみ頂きたい」と思いを述べている。


◎リリース情報
『天空のバンドネオン〜タンゴでスタジオジブリ〜』
2017/09/27 RELEASE
SICC-9004 2,800円(tax out)