スポルティングCPのウィリアム・カルバーリョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ウェスト・ハムは、ポルトガルのスポルティングCPに所属するポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョの獲得に迫りつつあるとみられている。英紙『テレグラフ』が14日付で伝えた。

 現在25歳のカルバーリョは、ポルトガル代表として昨年のEURO2016優勝にも貢献した守備的MF。この夏にはアーセナルなどが獲得に関心を示していることも報じられていた。

『テレグラフ』によれば、カルバーリョの獲得を望むウェスト・ハムは先週移籍金3000万ポンド(約42億9000万円)のオファーを提示したが、4000万ポンド(約57億2000万円)を要求するスポルティングはこれを拒否。だがその後交渉は進展し、3600万ポンド(約51億5000万円)で今週末までに交渉がまとまる可能性があるとみられている。

 ウェスト・ハムはこの夏の移籍市場で、ストーク・シティに所属していたオーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチを2400万ポンド(約34億3000万円)で獲得し、移籍金のクラブ史上最高額を更新した。カルバーリョの獲得が実現すれば、クラブレコードをさらに大きく更新することが見込まれる。

 ほかにメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスやイングランド代表GKジョー・ハートらも補強したウェスト・ハムだが、プレミアリーグ開幕戦ではマンチェスター・ユナイテッドに0-4の大敗を喫した。さらなる補強の必要性を感じているのかもしれない。

text by 編集部