束縛が激しかったり、嫉妬深かったりする男が稀にいます。付き合ってから、そういった性格に気付くこともありますよね? そんな男性は、特にLINEに敏感。誰とやり取りしているのかを常に意識して、疑いの目を向けています。今回は、疑い深い男を黙らせた経験のある女性に、当時のエピソードをお聞きしました。

文・塚田牧夫

「好きに見ていいよ」

「私は男友だちが多いほうなので、毎日のようにLINEでのやり取りもしています。そういう状況を知って付き合ったのに、彼はとても嫉妬深くて、いつも疑ってきました。着信音が鳴ると、“また男か”と吐き捨てるように言うんです。

もういい加減にして欲しいと思い、“なら好きに見ていいよ”とスマホを彼に渡しました。最初のうちはじっくり見ていました。でも無実だと分かると、だんだん手に取ることもなくなり、何も言わなくなりました。

私は“さんざん見たんだから、私も見ていいよね?”と言うと、言葉を濁す彼。私の完全勝利です。ざまあみろ!」カオル(仮名)/25歳

「LINE…やめます…」

「15歳上の彼と付き合っています。年が離れているせいか、私が可愛すぎるせいなのか、すごく心配してきます。そしてやっぱりLINEについても忠告が……。“あまりほかの人とやり取りしないで欲しい”とのこと。

男性だけじゃなく、女性ともあまり交換しないで欲しいというんです。そうなってくるともうLINEしている意味もないので、私はやめてしまいました。でも、メールに戻しても同じようなことを言ってくるので、ついにキレてスマホ自体解約しちゃったんです。

ないならないで生活に支障はなかったんですが、彼のほうが今度は“連絡取れないから持ってくれ”と言い出しました。それからは、誰と連絡をとっても文句は言わなくなりましたね」カナコ(仮名)/27歳

徹底的にメッセージを送る

「私の彼はかなり束縛の激しい人で、“LINEの返事は15分以内にすること”と言われていました。忠実に守っていたんですが、あるとき返事するのを忘れてしまって大喧嘩。

そのまま別れようかとも思ったんですが、今まで言われた通りやってきたのにちょっと忘れただけで……と考えたらだんだん腹が立ってきて、いったん思いとどまりました。そこから私の攻勢が始まりました。

5分おきにメッセージを送り付けたやったんです。感情を無にして、寝る間を惜しんで徹底的にやってやりました。すると相手から“もうやめてくれ”とギブアップの声が。見事、私の勝利で別れることができました」ユカ(仮名)/26歳

疑い深い男を黙らせた経験のある女性のエピソードを紹介しました。

LINEは便利だけど、そのぶん問題も起こりやすい。嫉妬深い男も多いので、そういう相手には臨機応変に対応してもらいたいですね。

(C) Antonio Guillem / Shutterstock(C) Antonio Guillem / Shutterstock(C) Marcos Mesa Sam Wordley / Shutterstock