橋本昌和さん(手前左)と蒋篤慧さん(同右)

写真拡大 (全2枚)

(台北 15日 中央社)人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版監督、橋本昌和さんと主人公、野原しんのすけの台湾版声優を務める蒋篤慧さんが14日、台北市内で行われていた「漫画博覧会」に登場し、ファンと交流を行った。蒋さんがしんのすけの特徴ある笑い声であいさつすると、ファンから歓声が上がった。

橋本監督が手掛けた最新作「映画 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」は今月4日、台湾でも公開された。劇場版の制作について、橋本監督は1年の全てを仕事に捧げており、しんのすけと会話をする夢を見ることまであると告白。橋本監督の訪台は2度目で、台湾の印象については道がきれいで食べ物がおいしいと話した。

蒋さんは10年余りにわたりしんのすけの声を担当。当初は制作側に前任の声優の声に似せるよう要求されたことがあったという。だが、自身は日本版の声を再現することに努めているとこだわりを明かした。蒋さんがしんのすけの名ゼリフをその場で演じてみせると、橋本監督はそっくりだと感心の声を上げた。

(劉佩サン/編集:楊千慧)