女子からの告白は、勇気が要るもの。できれば男子のほうから言ってもらいたいけど、いまいち煮え切らないようであれば………いくしかない! ただ、できるだけ成功率は上げておきたいですよね? そこで今回は“女子からの告白を断れない状況に追い込む方法”をご紹介しましょう。

文・塚田牧夫

両親を味方につけておく

親の言葉は、なによりも心に刺さります。影響力はとてつもなく大きい。「あの娘いい子ね」なんて言われれば、なんとなくそんな気がしてきてしまう。告白すれば、「まあ付き合ってみようか」ぐらいにはなるはずです。

そこで大事なのが、両親への近付き方。告白前に、なんとか親に紹介してもらう必要があります。男が実家に帰る際に、お土産など持たせてみましょう。すると、一応はその経緯を話さなくてはならなくなります。これで、まずは一歩前進です。

ライバルを用意する

男は負けず嫌いです。自分のものを誰かに奪われるのを嫌います。それは動物的本能と言ってもいい。だから男に、自分以外のライバルの存在をにおわせるのです。あなたのこと云々より、ほかの男に負けたくないという欲求を掻き立ててやりましょう。

それに、モテない女性よりも、モテている女性を射止めたほうが嬉しいもの。できるだけ自分の価値を高めるために、ほかの男を用意。上手にその存在をにおわせてください。

カラダの関係になる直前に告白

二人の距離が縮まり、いい雰囲気になって、いよいよカラダの関係になろうというとき。そのタイミングで聞いてみましょう。「付き合ってくれるよね?」と。男は驚くかもしれません。そこで戸惑っているようなら、いったんステイです。

「うん」という返事がもらえればラッキー。ただヤリたいだけで受け入れる男もいるかもしれませんが、とりあえずは付き合うわけだから良しとしましょう。答えを出せない男だけ注意です。ここで達成感を与えてしまうと、あとは冷めていくだけなので。

大きなプレゼントを約束したあとに

「何か欲しいものある?」と聞いてみましょう。いくつか答えるなかに、やや高額なものがあるはず。それを次の誕生日にあげると約束してみましょう。男は、まあ喜ぶでしょうね。そして、誕生日を迎える少し前に告白。

男の頭にはそのプレゼントのことがありますから、断るわけにはいきません。「うん」と言う可能性大。もしかしたら答えを引き延ばそうとするかもしれません。すると大きな出費をしかねないので、誕生日を迎える前に答えをもらうようにしましょう。

女子からの告白を断れない状況に追い込む方法をご紹介しました。

告白は、いちかばちかの賭けではありません。うまくすれば、確実にOKがもらえます。自分に有利な状況が作れるよう、外堀を埋めていきましょう。

(C) racorn / Shutterstock(C) CREATISTA / Shutterstock(C) Pressmaster / Shutterstock(C) Mikhail_Kayl / Shutterstock