現役時代から体形はかなり変わったが……どこか人を惹きつける親しみ深い笑顔はそのままだ(14番が礒貝)。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 8月14日に開催された永井秀樹の引退試合は、メインの「ヴェルディレジェンズ対Jレジェンズ」の他に、「国見OB対帝京OB」の一戦も行なわれた。
 
 その2試合でピッチに立った礒貝洋光は、「いっぱい、いっぱいです。歳をとったなって」と言いながらも、「楽しくやれましたね」と振り返った。
 
 永井とは小学校時代からの知り合いで、「今でも週1回とか、2日に1回とか電話でしゃべっている」。礒貝にとって2歳年下の永井は、いわば弟のような存在で、「必要だったら、力は貸すよっていう」間柄だ。
 
 そんな永井のために、礒貝はもちろん、この日は豪華なメンバーが揃った。「別に誰とやろうとあまり気にしないけど」と無関心を決め込む一方で、元帝京の仲間たちにはそれなりに感じるところがあったようだ。
 
「中田浩二とかさ、阿部(敏之)とか、みんな上手いよね。本田(泰人)も動けているから、『お前、やっぱり強いな』って。それを思うと、アントラーズはやっぱり強いよ。もちろんヴェルディも強いけど、帝京で日の丸をつけるぐらいの選手は、やっぱり上手い。改めてそれが分かったし、俺はサボってすみません、という感じで(笑)」
 
 当の本人も、帝京出身で日の丸を背負ったが、今ではすっかりサッカー界から離れ、「自分のプレーが今、どうかっていうのは興味ない」ときっぱり。
 
 あるテレビ番組では、現在は大工の見習いをしていると報じられた。「半分はそんな感じ」と答える礒貝だが、ではもう半分とは?
 
 以前、取材した時は、医療関連のコンサルタント的な仕事をしていたが、「もちろん、それもやっている」。さらに、「サッカー界に戻るつもりはないけど」と断言しながらも、リクエストがあれば、子どもたちを教えることもあるという。
 
「やってほしいと言われれば、手伝っているだけ。審判をやったりとかさ。それだけ。特別なことはできないよ」
 
 謙虚に答える礒貝の近くには、実際に指導を受けたことがあるらしい中学生がいた。その子に向かって、愛情たっぷりに言葉を投げかける。
 
「こういう出来の悪い子を指導しないといけないから(笑)。去年、一緒にやったんだよな。中学生になった今年もまた、な」
 
“必要だったら力を貸す”。“やってほしいと言われれば手伝う”。先述の昔の取材時にも、「とにかく、こんな自分でも求められれば、できる限り力になりますよ」と語っていたことが思い出される。
 
 10代の頃から天才と謳われながらも、29歳の若すぎる引退や、その後のプロゴルファーへの転身などなど。自由奔放な生き様を見せる礒貝だが、実は人情味溢れる男なのだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【永井秀樹・引退試合PHOTO】三浦知良、ラモス瑠偉ら懐かしのメンバーとともに笑顔でラストマッチ!