【特集:公共の場での授乳問題(6)】日本の“授乳環境”はガラパゴス化!? 建築家が考える「理想のベビー休憩室」

写真拡大

ママたちのお出かけの強い味方「ベビー休憩室」。その一方で「母親と赤ん坊は指定された場所へ行け!」という声に傷つくことも。

【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】

そんな授乳環境整備の現状と課題について『ベビー休憩室コンセプトブック』でキッズデザイン賞も受賞した建築家の仲綾子先生に聞きました。

授乳室、足りてる?外出前にベビー休憩室のことを調べる家庭は8割超!

――ズバリお伺いします。母乳育児中のママのひとりとして「ベビー休憩室がもっとあったらいいのに」と感じることも少なくないのですが、授乳室の整備って進んでいるのでしょうか。

仲綾子先生(以下、仲): 施設の種別や地域によって状況は大きく異なるので、なんともお答えしにくいところではあるのですが、授乳やオムツ替えを取り巻く環境が大きく変化していることは間違いありません。

以前は町なかや電車の中といった「公共の場」で授乳やオムツ替えをする親子も珍しくありませんでしたが、最近ではあまり見かけませんね。

そういったライフスタイルの変化にともなって「ベビー休憩室」を整備する動きが、加速していることはたしかだと思います。

例えばショッピングセンターなどの商業施設であれば子育て世代の集客を意識して、役場や公民館といった公共施設であれば利用者の利便性を考慮して、授乳やオムツ替えのためのスペースを設けるところが増えてきています。

また国や地方自治体が少子化対策の一環として「子育てバリアフリー」を掲げている点も、後押しになっているでしょう。

国土交通省は「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を平成24年度に改訂した際、新たに「授乳室及びおむつ替えのための設備」という項目を加え、さらに平成28年度の改訂では、配置、建具、サイン等の計画に踏み込んでいます。

また、地方自治体では東京都や大阪府、福岡市などが、授乳室やオムツ替え台の設備について条例で規定しています。

――国や地方自治体が、そんなことをしてくれていたとは知りませんでした!

仲:「お出かけ」は「子育てに欠かせないもの」だから、それを積極的にサポートしようという動きですね。

施設を整備・運営されている方々のご参考になるよう制作させていただいた『ベビー休憩室コンセプトブック』で実施・発表したアンケートでも、89%の保護者が赤ちゃんを連れて週1回以上、1時間以上のお出かけをしており、ほぼ毎日という人も16%いるという結果が出ています。

また、外出前にベビー休憩室のことを「必ず」あるいは「よく」調べると回答した人は50%にのぼり、「たまに」調べると回答した35%と合わせると実に8割以上が、出かける前にホームページなどでベビー休憩室について調べています。

国としても、地方自治体としても「お出かけしづらい環境では育児も難しい」という現実とママたちの要望をキャッチして、対策を打ち出してくれているんですよ。

でもそれで、ママと赤ちゃんの外出が楽になったかといえば……決してそうとも言えないのではないでしょうか。

――残念ながら、そのとおりです。冒頭でも申し上げたとおり「ベビー休憩室がもっとあれば」と常々感じています。やっぱりまだまだ、足りていないのではないでしょうか。

仲:実はその点について、私は、足りない場所もあるにはあるけれども、そんなに不足しているわけではないのではないか、という仮説を持っています。

不足はしていないけれども「足りない」「待たされる」「困ったな」と利用者が感じる理由があるのではないか。そこから、解決の糸口が見えるのではないか、と思っているのです。

――不足していないけれども「足りない」「待たされる」「困ったな」と利用者が感じている?どういうことでしょうか。

ベビー休憩室は確実に増えているのに、まだまだ“足りない”と感じる理由

仲:『ベビー休憩室コンセプトブック』制作時のアンケートでも、92%もの保護者が、赤ちゃん連れでの外出に不便を感じています。

そして注目すべきことに、外出に不便を感じている保護者の割合というのは、10年前の調査とほとんど変わっていません。

ではママたちが実際に、何に不便を感じているかというと、約6割の方が「授乳やオムツ替え、赤ちゃんを落ち着かせる場所がない」と回答しています。

つまりこの10年余りの間に、ベビー休憩室などの設備を設ける施設は確実に増えているにも関わらず“不便感”や“不足感”は解消されていないのです。

ここで10年前と現在を比べてみると、たしかに母乳育児をするママは増加していますし、さらにニーズも多様化していますから、ベビー休憩室の整備が追いついていない、という背景はあるかもしれません。でもおそらく、原因はそれだけではなく。

ベビー休憩室の計画自体にも、改善できる点があるように思うのです。

――授乳やオムツ替えのスペースは現実として増えているけれども、プランそのものに問題があって活用できていない、ということですか?

仲:具体例を挙げてお話しましょう。

ベビー休憩室の利用者にグループインタビューやアンケートをしてみると、いろいろな問題点が浮かび上がってきます。

例えば「オムツ替え」であれば、各階のトイレにオムツ替え台が設置されていることが多くなってきましたが、「授乳室」となると、大きくて広〜いデパートでも子ども用品売り場のフロアにしかなくて困った!というご経験はありませんか。

――あります、あります!デパ地下やレストランにいたり、大人のための買い物をしている時に子どもがグズって、ベビー休憩室のある階まで移動するのに一苦労、なんてことがよくあります!

仲:赤ちゃん連れのママは、荷物も多いから大変ですよね。

この問題は、各階のパウダースペースに授乳コーナーを設けるといった方法で解決できることもあります。サービスを1カ所に集中させるのではなく「多室分散」という考え方に基づいてプランニングするのです。

ほかにも、ママたちの不満や困惑を拾ってみると。

「授乳とおむつ替えの混在」という問題もあります。私自身、この点に一番強く違和感を覚えているのですが。

おむつ替え台の横に電子レンジが置いてあって、プーンとうんちのにおいがする横でチーンと離乳食が温められる、またはそのすぐ横に授乳ソファが置いてあっておっぱいをあげるようになっている、という大人だったらあり得ない状況、もっと直接的な言い方をすれば“食事と排泄の混在”が、ベビー休憩室ではしばしば見られるのです。

――それも、よく分かります……「赤ちゃんがこんなトイレみたいな場所で食事をとらなきゃならないのだったら、大人と一緒にレストランで授乳させて欲しいなぁ」という気持ちになったこと、何度もあります。

仲:この事例を通して言えることは、大人を対象にする場合は絶対に避けたいデザインを、赤ちゃんに対しては無神経に、実態をよく知らない人がなんとなくオシャレ風にデザインしてしまうことがあって、それは赤ちゃんにとってもママにとっても決してうれしい環境ではないわよね、ということです。

ほかにも、これは自分自身の体験からも言えることですが、まるで反省部屋のように殺風景な授乳室も、すすんで利用したいとは思えないですよね。なんでこんな独房みたいなところに閉じ込められておっぱいをあげているんだろう、と悲しくなってしまいます。

それとは逆に、お城やお菓子の家のような過度にファンシーな授乳室も、パパなど男性は立ち入りにくいですよね。母乳エリアのみをあえてそうすることもあると思いますが、ミルクの調乳など、最近はパパと赤ちゃんだけのお出かけもありますから。

こんな風に、実際に利用している方たちの声に耳を傾けてみると、授乳室をはじめとしたベビー休憩室は「あれば使える」ものでは決してない、ということがご理解いただけると思います。

「授乳するならベビー休憩室へ行け」というご意見もあると思いますが、そこが健康な大人ひとりで移動するならどうということのない距離でも子連れには遠かったり、人が“食事”をするには不適当な場所だったりすることもある。

だから一概に「ベビー休憩室へ」と断じることはできないと思いますし、施設側にも、改善できる余地があるところもあるのではないか、と感じています。

――では仲先生の考える“理想のベビー休憩室”は、どんな環境になるのでしょうか。

ベビー休憩室は、ママと赤ちゃんの“隠れ家”ではない?

仲:私の理想は、少数意見になってしまうかもしれないのですが(笑)

私自身、「授乳」は本来、隠れてやらなきゃいけないことではないと考えています。

――でも先生は、隠れて授乳するためのスペースを作っていらっしゃるのですよね?矛盾していませんか?

仲:私はベビー休憩室が、ママたちを“隔離”する場所ではなく、もっと開けた、ちょっとホッとできる場所になるといいなと思っています。

至れり尽くせりで体重計からおもちゃまで備えられているものよりも、少し景色がよかったり、ゆったり座れたり。

極論をいえば、まるで気持ちの良いカフェのような感じで、ママやパパがくつろぎながら授乳できるところが、ママと赤ちゃんにとって最もいい環境なのではないかなぁ、なんて。

そしてそこで、ほかの赤ちゃんの様子を見たり、時におしゃべりをしてみたりというのも、リラックスのひとつになるかもしれません。

ですので、個室ブースになっているベビー休憩室は、実はあまり好きじゃなかったりします。畳敷きのような大部屋で授乳やオムツ替えをするのも、悪くないアイデアじゃないかとすら思っているほどで。

あと、授乳室にはたいてい窓がないのですが、私はこれには疑問を持っていて、景色を楽しみながら授乳したいママもいるんじゃないかな。

とはいっても、自身の設計経験からの実感ですが、施設側から「個室化」や「閉鎖性」を求められることも多く、それゆえに席数が増やせないというケースもあります。

廊下などパブリックのエリアから少しでも見えるような配置になっていると、図面にピーッと視線を指す斜めの線を引かれて「ダメです!」とチェックを受けることも……なかなか、厳しいんですよ(笑)

共用のスペースを効果的に設けることで席数を増やし、より多くのママが利用できるようにするのも、ママたちの“不足感”を解消する方法のひとつです。お友だち同士での利用もできるでしょうし、そこでの交流がママの心を和らげることもあるでしょう。

こういったメリットと「個室化」とのバランスも、今後の課題といえるかもしれません。

――授乳室の個室化傾向は「公共の場での授乳」が問題になる、いまの日本社会の縮図ともいえるかもしれませんね。

仲:では海外の事例もいくつかご紹介しながら、日本のベビー休憩室の将来について考えてみましょうか。

「授乳室」でも進む日本の“ガラパゴス化”?ママを支えるシステムやデザインって?

仲:外国の調査はまだ始めたばかりで、全貌がはっきりしているわけではないのですが、参考例として。

例えばシンガポールでは、大きな商業施設でも日本のような大きなベビー休憩室が設置されているわけではなく、個室が各階に配置されていました。

かなりのスペースを割いてオムツ替えも授乳もセットになった個室を並べている施設もあり、プライベートを大事にする傾向が強かったように感じました。

イギリスは、シンプルな個室形式が多かったですね。なかでも印象的だったのは、世界的な建築家ユニットとして知られるヘルツォーク&ド・ムーロンが設計したロンドンのテートモダン(美術館)でしょうか。全体のデザインと統一した授乳室があって、さすがだと思いました。

こんな風に各国のベビー休憩室に飛び込んでみて、私がいま持っている仮説は「日本はガラパゴス的に授乳室が充実しているのではないか」ということです。

授乳室が充実し過ぎてしまっているのも、あまり良い傾向ではないかも、とも思っています。

――ベビー休憩室の設備が充実しているのは、ママたちにとってありがたいと思うのですが、そうではないということでしょうか。

仲:私は授乳室の設計に熱心に取り組んでいますが、すでに申し上げたとおり自分自身がまるで反省部屋のような殺風景な授乳室で授乳した経験があり、それがきっかけでこういった研究や活動を始めました。

言うなれば「少しでも快適な授乳環境をつくりだしたい!」という思いでしていることで、そこに赤ちゃんと家族を“囲い込む”ために設計しているわけではないのです。

授乳室という空間も、赤ちゃんと家族が社会の中で幸せに暮らすことを支える多くの方法のひとつであって、社会から隔絶させた場所に育児の全てを押し込んでしまうためのものではないと考えています。

――だからこそ、ベビー休憩室があまりに何もかも行き届いている必要はないのではないか、とおっしゃるのですね。

仲:自身の研究活動の一環として有識者にお話を伺うなかで目から鱗が落ちたことがあります。それは「授乳室って優先席のようなものだと思う」という一言です。

電車などの公共交通機関でみかける優先席は、高齢者、障害者、妊婦、乳幼児連れなどが優先的に座ることができる席のことです。

仮に普通の席に高齢者などが座っていたとしましょう。そのときに「優先席があるのだから、ここに座らないで優先席に座れ」と言われたとしたらどうでしょう。そのような社会は、私たちが望む姿でしょうか。

授乳室についても同じことがいえるのではないかというご指摘は、大変示唆に富むと私は思います。優先席がなくても高齢者に自然に席を譲ることができるように、授乳室がなくても授乳が必要な時は授乳ができる社会、それを支えるデザインやシステムはたくさんあります。

ところで、先ほど「有識者」と言いましたが、きっとこの記事を読んでくださる方のなかには、この方のお名前を聞いたことのある方もいらっしゃると思いますよ。光畑由佳さん、授乳服を作っているモーハウスという会社の代表の方です。

授乳服も、ほかには授乳ケープといったツールも、授乳が必要な時に授乳ができる社会を支えるシステムですよね。

そして、授乳が必要な時に授乳ができる社会を支えるシステムのひとつとして「授乳室」や「ベビー休憩室」もあるのではないでしょうか。

――「授乳が必要な時に授乳できる社会」を支えるデザインやシステムは「たくさんある」。この視点は「公共の場での授乳」問題で追い込まれがちなママにとって、大きな救いになるような気がします。

仲:解決策はひとつではなく、いくつもの方法があるのです。

さらに、さまざまな視点から議論することが、子どもと家族の未来を考えることにつながりますから、いまこのような論争があることは「こども環境」にとってはとても良いことだとも言えると思います。

ママのひとりとしてその激しいやり取りに心を痛めることもありますが、そのように信じています。

私も数ある解決策、数あるデザイン、数あるシステムのひとつとして、ママや赤ちゃんがちょっとホッとできるような、そしてパパやおじいちゃんおばあちゃんや、社会に開かれた「ベビー休憩室」をご提案してゆけるように、これからも研究や開発を続けてゆくつもりです。

【取材協力】仲 綾子(なか あやこ)先生 プロフィール

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科准教授。一級建築士。公園・保育園・こども病院などの設計に携わりながら「こども環境」について研究、提言を行っている。
企画・制作したコンビウィズ株式会社『ベビー休憩室コンセプトブック』(2013)では【2013年度キッズデザイン賞 優秀賞(少子化対策担当大臣賞)】も受賞。ベビー休憩室のコンセプトやレイアウトプラン等、これまで明確な指針のなかった分野に詳細な解説と提案を行い、全国で活用されている。2児の母。
公式サイト:仲建築研究所

記事企画協力:光畑 由佳