FIFA公式がW杯最終予選の注目選手として久保を特集 「日本の有望なニュースター」

写真拡大

98年の中田、06年の中村、10年の遠藤に続き、日本の注目選手として登場

 日本代表FW久保裕也は昨季、スイスのヤングボーイズとベルギーのヘントで公式戦合計23ゴールを挙げる活躍を見せ、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を目指すハリルジャパンのエース候補として一気に台頭してきた。

 FIFA公式サイトでも、今月末に行われるW杯アジア最終予選の注目選手として取り上げられている。

 久保は今年3月に行われたW杯アジア最終予選の敵地UAE戦で、代表初ゴールを含む1得点1アシストで2-0の勝利に貢献。続くホームでのタイ戦(4-0)でも1得点2アシストをマークするなど、FW本田圭佑(パチューカ)から定位置を奪うほどの活躍を見せている。

 FIFA公式サイトは「決定力のある久保が、日本の有望なニュースターとなった」との見出しで、“昇り龍”の活躍について触れている。

 記事では、1998年フランス大会の中田英寿氏、2006年ドイツ大会の中村俊輔(ジュビロ磐田)、10年南アフリカ大会の遠藤保仁(ガンバ大阪)、そして前回の14年ブラジル大会での本田と、これまでのW杯予選でチームを牽引した選手を紹介。その上で「今回最も大きな期待を懸けられているのが、好調のユウヤ・クボだ」と記されるなど、欧州で飛躍を遂げた久保が日本の中心選手として注目されている。

「スターになったとは思っていない」

 久保はFIFAの取材に対し、「次の試合(オーストラリア戦)がとても重要になる。試合に向けて良い準備をしなければいけないことは分かっています。個人的にも、この試合の重要性は言うまでもない。オーストラリア戦には万全の準備で臨みたいです」と、強い意気込みを示している。

 自身の立ち位置について「スターになったとは思っていない」と、謙虚な姿勢を貫く久保。バヒド・ハリルホジッチ監督から要求されているという「前へ出て、相手のディフェンスラインを切り裂く動き」を忠実にこなし、結果を残してレギュラーポジションを勝ち取った。本人は「点が取れるだけではなく、チャンスを作れるストライカーになりたい」と理想像も語っている。

 ハリルジャパンのエース格へとステップアップを遂げた23歳は、過去の先人たちに続き、日本をW杯に導くことはできるだろうか。日本代表は8月31日に本拠地でオーストラリアと、9月5日(日本時間6日)に敵地でサウジアラビアと対戦。残り2試合で1勝すれば、6大会連続となる本大会出場が決定する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images