@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

豊橋での25年目 地域貢献へ

豊橋市への本社移転から25年を機に、同市内の中高校生に向けた施設見学ワークショップをおこなう活動の一環として、8月22日(火)に、フォルクスワーゲンは市内公立中学校の1年生20名を迎える。

これは豊橋市教育委員会を通じて各校から公募されたもので、当日は、
・埠頭の様子や、品質/装備の点検などの実地見学
・海外工場での生産から国内での出荷までのプロセスを学ぶレクチャー
・仕事について考えるグループディスカッション
などをおこなうという。

また、昼食は、当社社員食堂において、オリジナルレシピによる名物料理「カレーヴルスト」を提供し、食の面でもフォルクスワーゲンを体験できる。

この他、市内公立高校に対しても、同様のワークショップ受け入れの呼びかけをしており、希望に応じて技術体験や英語でのグループディスカッションもおこなう。

狙いは「地元の主要産業への理解」

三河港は24年連続自動車輸入台数日本一であり、豊橋市では、自動車の輸出入を産業の柱のひとつと位置付けている。

ワークショップを通じて、将来、そうした地元産業を支える中高生に、地元の主要産業に対する理解をより深めてもらうことが期待される。

また、フォルクスワーゲン・グループジャパン・では、これまでも豊橋市でおこなわれる様々な地元活性化の活動に参加してきた。

「今後も、豊橋市の企業市民として、地元との交流を大切にしながら事業活動をおこなってまいります」とコメントを残している。