元マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドを退団してフリーとなっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、まもなくユナイテッドの練習場のピッチ上でトレーニングを再開することになるようだ。15日付の英紙『ザ・サン』が伝えている。

 イブラヒモビッチは昨年夏にユナイテッドに加入し、35歳という年齢を感じさせない活躍を見せていたが、4月に右膝を負傷。年内の復帰は不可能と見込まれる重傷を負ったことで、今年6月までとなっていた契約は延長されず、イブラヒモビッチは1年でユナイテッドを退団することになった。

 それでもユナイテッドはイブラヒモビッチの貢献に報いるため、クラブの施設を利用してリハビリを行うことを許可している。15日付の報道によれば、イブラヒモビッチは「24時間以内」に練習場のピッチに復帰することが見込まれるとのことだ。

「ズラタンはまもなくリハビリから復帰する。周囲は焦るべきではないと言っていたが、彼は落ち着いていられるタイプではない。しっかりと決意を固めている。順調な経過を誰もが嬉しく思っているが、リハビリと回復の正しいバランスを取ってほしいと思う」と『ザ・サン』紙はユナイテッド関係者によるものだというコメントを伝えている。

 ピッチ上での練習再開は、ユナイテッド“再加入”に向けた大きな一歩となるかもしれない。今後数ヶ月以内にユナイテッドとの新たな契約を交わすことになるという見通しも伝えられている。

text by 編集部