「もしかしてこの人、私のこと好きなのかな?」となんとな〜く疑惑を抱いたとしても、「イヤイヤ、そんなことないか、ただの友達だよね〜」と打ち消してしまう……なんてことありますよね。
確固たる証拠もないのに「自分が思われてるなんてうぬぼれたくない」というのも女心というもの。


でもあなたが確信を持っていなくとも、男性は気になる女性には“つい取ってしまう行動”があります。
男性は普段こんなことを好きな相手の前ではとっているのです。

あなたの前でこんな態度をとっている男性がいないかどうかチェックしてみてくださいね!

好きな子の前でかっこつけたがる


・「男って絶対好きな子の前ではかっこつけたがるもんです。『オレ、今日金ないわ』とか『じゃ割り勘で!』なんて言えない。金がなくてもあるフリするし、知らないことでも知ったかしてしまう」(30代男性/歯科技工士)

・「気になる女性にはつい口からでまかせが……(笑)。行ったこともないくせに『○○がスゲ〜旨い店があるんだよ』とか、たいして飲めないくせに『やっぱワインは赤だよな!』とか……。以前、憧れてた年上の女性に『そんなムリしなくていいのよ〜』って見破られたことがあります。でも男って無駄にカッコつけたがるもんなんです。ま、相手にバレちゃった時点でダサいんですけどね(笑)」(20代男性/アパレル)

男性は好きな女性の前で見栄を張る
女の前で「知らない」「分からない」ということは「俺は無能です」「デキナイ男です」と宣言しているようなもの。
たとえ本当は知らなくても「知ってるよ」と知ったかぶりたいのが男ということを覚えておいて。女からすれば子供じみた見え透いたうそも男性の女性に対するかわいい虚勢!

彼がハッタリをかましても、でまかせが出てしまっても「バカみたい」「アホか」なんてツッコまずに「わたしにいいとこ見せたいんだ」と思ってあげましょう。

好きな女子よりも絶対先には帰らない


・「社内に気になる女子社員がいるんだけど……決起会や打ち上げ、歓送迎会など本当は出たくない行事でも、彼女が出席するとわかると必ず僕も参加する。飲み会の席でも彼女が帰るまで絶対居残る。先に帰って彼女にちょっかい出す上司や酔っぱらいがいたら大変ですから(笑)」(30代男性/営業職)

何度も帰るタイミングが被ったら……
イベントやグループでの飲み会など、毎回タイミングを合わせてくるようならこれはかなり気に入られてる証拠。たとえ二人きりでなくともあなたと同じ時間を共有していたいのです。

また飲み会で先に帰らないのは、あなたが心配で仕方ないか、自分が二人きりになる口実を逃したくないから。いつもあなたが参加するイベントに顔出しする男性が居たらこちらから話しかけてあげてくだいね。

大した用事もないのに、好きな子にくだらない連絡をしてしまう



・「気になる子には特に用もないのにメールやLINEをしてしまう。なるべく連投しないようにはしてても、なにか口実を見つけては連絡とろうとしてしまう自分がいる。『渋谷にこんな店があったよ』とか『今日は同窓会なんだ』とか、『友達がやってる店に行ってきた』とか……よく考えるとウザいと思われてたりして?」(20代男性/自動車関係)

何度も返信が来たら好かれている証拠?
男性が頻繁にメールやLINEをしてくるのは、あなたのことを気にかけているのと同時に少しでもあなたに気にかけてほしいから……。
こちらが聞いてもないのに自分から情報を垂れ流す男性は、あなたに自分のことをもっと知ってほしいからなのです。彼の「俺様通信」はあなたに構って欲しいというサイン。

男性は基本めんどくさがり屋。たとえ相手からメールをもらったとしても“後回し”や“これが終わったら”であることも多いものです。

女性はわざと返信しないとか、あえて既読を遅くするとか……なんてことで恋の駆け引きをしようとすることもありますが、男性はそんなことで相手の気を引こうということはしません。

男性のレスポンスの良さは好意的に思っているからこそ。男性は好きな相手でなければソッコーで返信したり、自分の動向や居場所を自ら教えるメールなどは打ちません。メールのやり取りも電話も面倒臭いからできるだけ短く早めに切りあげたいと思うのが普通なのです。

好きな女子の前では、ついしゃべりすぎたり自慢したりしてしまう


・「好きな子と会えるとうれしくて話すぎちゃう。楽しいことや面白いことを『彼女に今度会う時に話そう』といつもストックしてる。さんざんしゃべり倒して『あ、俺ばっか話しててゴメン(汗)』なんてことも……。彼女が笑ってくれたり反応してくれるのが見たくて、彼女に会っていない時間でもニュースサイトなんかでネタ探しなんかしてる(笑)」(20代男性/公務員)

・「男は好きな女にはつい自分を大きく見せようとして話をデカくしてしまうところがあります(笑)。本当は小さいくせに『俺ってスゴイんだぜ』って思わせたいんでしょうね」(30代男性/飲食店経営)

少しでもあなたに興味を持ってほしいから
会うとやたら話しまくってくる男性は、少しでもあなたに興味を持ってほしくて必死なのです。面白いこと言って笑わそう、こんな話でびっくりさせよう、というのは自分を認めて欲しいというアピールです。
そして武勇伝や自慢話も男性からしたら女性へのアプローチなのです。

それに対して「すごいね〜」「へ〜知らなかった」とあなたが反応を示せば彼はさらに饒舌になってしまうでしょう。男性は好きな女性の前では“得意”になりたいものなのです。

しかし逆に、好きな女性を目の前にすると緊張して気の利いたことが言えない、楽しませたくともうまく話せない男性もいます。

せっかく二人きりになれたんだからココぞとばかり話し込んでくる男性もしかり、みんなでいた時はペラペラしゃべっていたのに二人になると無口になる男性も、どちらも気になる異性の前だからこその反応なのです。

彼の遠回しな“好き好き光線”に気づいてあげて♡



男性は気になる女性に対して積極的になるタイプばかりではありません。面と向かってでなく遠回しに思いを伝えようとしたり、女性側の様子を伺うという受け身姿勢でくることも多いものです。

特に同じ会社という状況であったり、同じ趣味のグループや昔からの仲間ということであれば、強く押してくることも勝負に出てくることもなかなかできないでしょう。

「タダの仕事の付き合い」
「タダの同僚」
「タダの同級生」
「タダのサークルの仲間」
なんて思っている相手が実はあなたに好意をもっている可能性はあるのです。もしかしたら相手は「俺のことに早く気づいて」と願ってるかもしれませんよ。

彼の“遠慮がちな好き好き光線”を見落とさないでくださいね!
(神崎桃子)