ジャスティン・トーマス、松山英樹、ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】

写真拡大

スピース、ケプラ…若手の台頭が著しいゴルフ界、トーマス「僕らがノッているのは最高」

 海外男子ゴルフは若手の台頭が著しい戦国時代と化している。先週の全米プロゴルフ選手権を制したジャスティン・トーマス(米国)は24歳で、7月に全英オープンを制したジョーダン・スピース(米国)とは同い年の幼馴染。躍進を続ける20代について、トーマスは「僕らがノッているのは最高なこと」と米地元紙「USAトゥデー」で語り、記事では「20代の肖像にはヒデキ・マツヤマも含まれる」と25歳の松山英樹(レクサス)にも言及している。

 トーマスとスピースはジュニア時代から切磋琢磨し、大学、そして、プロの世界でも刺激し合ってきたゴルフ新世代の旗手だ。2015年にPGAツアー初優勝を果たしたのはトーマスだったが、以降はスピースが時代の寵児に。今年の全英オープンを含め、すでにメジャー3勝を挙げている。

 全米プロゴルフ選手権でメジャー初制覇を果たし、スピースに一歩近づいたトーマスは「フラストレーションというのは正しい言葉じゃないかもしれない。ジェラシーというのが正解かな。僕はメジャーを制覇したかったけど、できずにいた。年に4人しか優勝者はいない。その中の1人になれる。メジャー王者になれるなんて、本当にクールなことなんだ」と語ったという。

 トーマス、スピースとともにゴルフ界を支配しているのはヤングジェネレーションだ。特集では、6月の全米オープンで優勝した27歳のブルックス・ケプカ(米国)とともに、全米プロゴルフ選手権最終日で単独首位に立つなど、見せ場を作った松山の名前も挙げている。

「20代の肖像にはヒデキ・マツヤマも含まれる」…来年こそ松山の番となるか?

「20代の肖像にはヒデキ・マツヤマも含まれる。彼は最終日にトーマスとペアになり、メジャー優勝する日本人男性初になるためにトライしていた」

 25歳の日本ゴルフ界のエースは、今季メジャー制覇した米国トリオの次にピックアップされ、海外ツアーを席巻する新世代の一人に名を連ねている。

 ほかにも、メジャー優勝4度のロリー・マキロイ(英国)も28歳、松山の盟友ジェイソン・デイ(オーストラリア)も29歳で、記事では「それを忘れてはいけない」と指摘した。

 年間、わずか4人しか座ることが許されないメジャー優勝者の席を、若手が次々に占拠。こうした若手全盛の時代をトーマスは「僕らがノッていることは最高なことだね」と歓迎しているという。

 果たして、20代の選手たちは世界のゴルフ界をこのまま変えていくのか。松山は1月に結婚し、7月に第1子が誕生していたことを発表。今季は賞金ランキング1位を走り、若手の競争の中でも一歩ずつ、着実に進化を遂げている。来年こそ、松山の順番になるかもしれない。