「包帯グルグル巻き」で試合に!? 25分で3人が負傷交代…ラニエリ監督も驚き

写真拡大

 12日に行われたフランス・リーグアンで非常に珍しい事態が発生した。

 開幕戦でリールに大敗したクラウディオ・ラニエリ監督率いるナントは、ホームにマルセイユを迎えて戦った。

 しかし、開始から間もなくヴァランタン・ロンジェールが肩を痛めてプレー続行不可能となり、12分に最初の交代を行う。

 さらに21分にはヤシーヌ・バンムが接触で右足のハムストリングスを負傷してしまい、交代を余儀なくされる。

 それだけでも不運なのだが、25分にはアレクサンデル・カチャニクリッチが筋肉を痛め、3人目の交代枠を使うことになったのだ。

 その中でも、今季加入したGKタタルシャヌの好セーブもあってなんとか互角の戦いを繰り広げていたが、後半にはさらなる不幸が…。

 ジエゴ・カルロスがマクシム・ロペスとの接触で左肩を痛めてしまい、ピッチに倒れ込んでしまったのだ。

 すでに3人の交代枠を使い切っていたため、このままでは一人少ない状況になってしまう。そこでジエゴ・カルロスは上半身に包帯をぐるぐる巻き、左肩を固定した姿で現れ、プレーを続行。

 まるで、かつて脱臼しながらもプレーを続けた「皇帝」フランツ・ベッケンバウアー氏のような姿である。

 多くの人の感動を呼んだ渾身の選択であったが、ナントは終盤にルーカス・オカンポスのゴールを許し、0-1で敗北してしまった。

 ラニエリ監督は「こんなに早く3枚の交代を余儀なくされたのはキャリアで初めてだ。残念だったが、非常に大きな努力を見せた。よくやったよ。ファンもそれを見ていたはずだよ」と語り、選手を賞賛した。また、ジエゴ・カルロスについては「彼はベッケンバウアーみたいだったね、素晴らしいよ。タタルシャヌも含めて全員に満足している」と感想を述べている。

(記事提供:Qoly)