佐々木希、5年交際で1度もSEXなしの美人役!新ドラマ『伊藤くん A to E』

写真拡大

主演の木村文乃をはじめ、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆といった豪華女優陣が、揃って無様で残念すぎる女を演じる新ドラマ『伊藤くん A to E』(MBS/TBS系ネット)が、8月15日(火)25時58分よりスタート。第1話は、佐々木が出演する「ぞんざいに扱われる女」の前編が展開する。

同作は、直木三十五賞候補作になった、柚木麻子の同名恋愛小説が原作で、木村と岡田将生のW主演で映画化されることが既に決定している(2018年公開予定)。映画では、容姿端麗だが、自意識過剰で無神経、関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の痛男(いたお)・伊藤誠二郎(岡田)と、彼に人生を振り回されるAからDの毒女(どくじょ)4人、そして彼女たちの恋愛相談に腹の奥で毒を吐き、自身の再起をかけた新作ドラマのネタに利用しようとする落ち目のアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村)の物語が描かれる。これに先がけ放送される今回のドラマでは、AからDといった4人の女性たちが語る“伊藤くん”との恋愛相談を、2話ごとに描いていく。

数年前、「東京ドールハウス」というドラマで一世を風靡した脚本家の莉桜は、エッセイ本の出版記念イベントの企画で集まった女性たちの恋愛指南をすることになる。そこで、共に「伊藤」という苗字の男について悩む4人の女性に注目する。

1人目の相談者、島原智美(佐々木)は美人で優秀。合コンで知り合った男・伊藤と5年間付き合っているが、まだ1度もセックスをしていない。久々のデートの際、浮足立っていた智美は、伊藤から「好きな女ができた」と一言告げられたという。それを聞いた莉桜は、腹の底で毒づきながらも新作のネタ欲しさに智美を巧みに誘導し、再び伊藤に会うよう仕向ける。しかし、事態は予期せぬ方向に……。