バロテッリ&スナイデルがナポリ戦欠場 “悪童”、ニース移籍後初の母国決戦はお預け

写真拡大

頼みの“看板ユニット”が負傷で、CLプレーオフ第1戦に間に合わず

 フランス1部のニースは今オフ、ガラタサライと契約解除して無所属となった元オランダ代表MFウェスレイ・スナイデルを獲得した。

 しかし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場を懸けたプレーオフでは、スナイデルに加えて元イタリア代表FWマリオ・バロテッリも欠くことが明らかになった。

 UEFA(欧州サッカー連盟)が発表したニース対ナポリの第1戦の登録メンバーに、スナイデルとバロテッリの名前はなかった。熱狂的で知られるナポリでのアウェーゲームとあって、5万人の地元サポーターが詰めかけると報じられていたが、両者とも負傷からの復帰が遅れており、少なくとも第1戦のアウェーゲームは欠場することになる。

 ニースは昨オフ、“不良債権”と化したバロテッリをリバプールから移籍金ゼロで獲得。 “厄介払い”された格好となったストライカーは、リーグ戦23試合15ゴールと復活の兆しを見せた。さらにトルコの強豪ガラタサライからスナイデルを獲得し、強力攻撃ユニットを前面に出して欧州の舞台に乗り出す算段だったが、その目論見は脆くも崩れ去った。

 CL本戦出場へ向けて、ニースにとっては正念場の試合になりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images