リエンス(@riensu)さんは真っ赤なオープンカー、ROADSTER(ND RS)のオーナー。

2017年8月11日から、千葉-福岡間をROADSTERで旅する夏休みを満喫しています。

8月13日に、広島県の厳島神社へとやって来たリエンスさん。

この後、ちょっと可愛らしい子どもと、運命的な出会いを果たすことになります。

信号待ちをしていると子供が素朴な疑問

ROADSTERで走行中に、信号待ちをしていたリエンスさん。

天気がよかったため、幌は開けてある状態です。

すると、近くにいた家族連れの会話が聞こえてきました。

子ども「あの車、屋根がないよ!雨の日はどうするんだろう?」

子どもらしい素朴な疑問です。

お父さんが「屋根が車の中から出てくるんだよ」と教えると、今度はこんな質問をしています。

子ども「窓から入ってきちゃうよ!」

よほど雨が心配のようです。

この時、リエンスさんはふと思い立ちます。

そして…。

幌と窓を閉めた!!!

何とも粋な対応です。

これを見た子どもは「おー!」と興奮した様子。

一緒にいたお父さんにお辞儀をされたリエンスさんは、信号が変わったのを確認すると、子どもに手を振りながら立ち去りました。

このエピソードがTwitterに投稿されると、多くのコメントが寄せられます。

粋な対応をしましたね。目を輝かせる子どもの顔が想像できます。目の前でROADSTERが幌を張ったら大人でもビックリしますよ。癒されるお話をありがとうございました。こういう対応って大好き。目立つ車に乗る人の特権でもあり、義務でもあるのかな。

子どもの素朴な疑問から始まった心癒されるエピソード。

きっと、その子はこの出来事を一生忘れないでしょうね!

[文・構成/grape編集部]