DeNAトラベルは、スペインに本社を置く、ホテルベッズの日本法人Hotelbeds Japanと連携を、7月28日より開始した。

これまで、BtoC向けのオンライン旅行代理店である、アゴダ(Agoda)、エクスペディア(Expedia)、ブッキングドットコム(Booking.com)の3社と連携を行ってきた。BtoB向けのサプライヤーとのAPI連携は初めてとなる。

ホテルベッズはスペインを中心に、世界180カ国3,600都市以上にある13万軒以上の宿泊施設を取り扱っている。DeNAトラベルでは、商品数や在庫を拡大することで、利便性を向上させたい考え。これにより、DeNAトラベルのホテルの取扱い都市は世界約8,000都市、取扱軒数は約60万軒となる。また、海外のホテルでは他のサービスより高額の場合には差額の3倍を返金する最安値保証も行っている。