@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

次期アウディQ3 大型化

第2世代のアウディQ3は、Q2との違いを明確にするために、サイズを大きくする。

公式な情報ではないが、AUTOCARがこれまでに得たQ3新型の予想サイズを下記にまとめた(数値はいずれも欧州仕様)。

項目名Q2次期Q3予想値Q5
全長 4190mm 約4450mm 4660mm 
全幅 1790mm 1860mm以上 1890mm 


欧州仕様の現行車と比較して、全長が+60mm、全幅が+30mm拡大すると予想されている。

アーキテクチャは、MQBプラットフォームを採用。現行車は、2003年発表のA3から継続するPQ35を使用している。この違いにより新型は、50kgの軽量化を実現するという。

前/後 なにが変わる?

今回撮影された写真から、フロント部は
・8角形のシングルフレームグリル
・LEDグラフィック採用ヘッドランプ
・複雑な構造のフロントバンパー
を採用したことが分かる。


リアに目を移すと
・拡大されたホイールベース
・大きくフレアしたホイールアーチ
・ドアマウント式のミラー
・強調されたショルダーライン
を確認できる。

予想パワートレイン8種 PHEVも

パワートレインは、下記のラインナップが予想される。

ガソリン

1.5ℓ4気筒ターボ(129ps/150psの2種)
2.0ℓ4気筒ターボ(250ps、一部地域のみ)
2.5ℓ5気筒ターボ(400ps)

ディーゼル

2.0ℓ4気筒ターボ(150ps/190ps/240psの3種)

プラグイン・ハイブリッド(遅れて導入)

1.5ℓ4気筒ターボガソリン+モーター+VWの改良型システム
システム統合出力:202ps
EVモード航続可能距離:50km(EVモード最高速130km/h)

EV「Q3 e-トロン」

また、Audiの関係筋によれば、中国市場の要望に対応するためにEVモデルを開発中で、VW e-ゴルフと同様のドライブラインを採用するという。

モーター最高出力:135ps
リチウムイオンバッテリー:35.8kWh
航続可能距離:300km
駆動方式:前輪駆動
というのが予想されるスペックである。