犬が筋肉痛になる原因や症状・予防・対処方法とは?

人間なら重くてだるい筋肉痛を「だるいよ〜痛いよ〜」と誰かに訴えることもできますが、犬は話すことができないため、ただじーっと筋肉痛と我慢強く戦っているのかも知れません。
愛犬が筋肉痛にならないように予防したり、少しでも早くわずらわしさから解放してあげられれば、飼い主さんにとっても嬉しいことですよね。

犬が筋肉痛になる原因とは?

現在のところ犬の筋肉痛の医学的な解明はされていないそうですが、運動によって筋線維(筋肉を作っている繊維状の細胞)が傷ついて炎症を起こし、痛みの物質が出てきて脊髄から脳に伝わり筋肉痛を引き起こすのが有力だといわれているそうです。

人間でも長距離を歩いたり、自転車を長時間こぎ続けるなど普段とは違う運動をすると、筋肉痛で足が痛い!ということになりますよね?
急激な運動量の増加で筋肉はへとへとに疲れてしまう。

犬も同じで、普段は家の近所を散歩したり室内を歩く程度の運動量が、ドッグランなどの自由に走り回れる場所に連れて行くと、楽しさから疲れ切っていてもテンションが高いまま走り回ったり、ボール遊びを続けたりしますよね。

特に子犬や若い犬は自分の体力や筋肉の限界を知らないので、オーバーヒートしていても運動し続けた結果、筋肉痛をひき起こしてしまいます。

犬の筋肉痛の症状とは?

歩き方がカクカクしたり、違和感からびっこをひいてしまう子もいるようです。
犬はケガなどの不調があると舐めて治そうとする習性があるため、筋肉痛の箇所が舐めたり出来るところなら舐めたり、気にしていたりもするようです。

筋肉痛がひどい場合は、寝転んだままで散歩にも行きたがりません。

犬を筋肉痛にさせないための予防方法とは?

スポーツ選手でも運動を開始する前に、ウォーミングアップとしてストレッチや軽い運動をしますよね。

犬も同じで、いきなりダッシュさせたり遠いところにボールを投げて持ってこいをすると、急激な運動で筋肉に負担をかけてしまいます。

まずはリードをつけたまま飼い主さんと一緒に軽く歩いたり、ボールを投げるのも近くから始めてください。
筋肉に負担をかけないようにウォーミングアップを心掛けて下さいね。

子犬や若い犬は上記にも記しましたが、自分の限界が分からないので、飼い主さんが気をつけて、間に休憩を入れながら運動させてください。

シニア犬は筋力が落ちているため筋肉痛にもなりやすく関節炎などの他の病気に繋がってしまう可能性もありますので、特に注意して運動させてください。
無理強いは決してしないで、柔らかい土の上や柔らかいマットを敷いた室内を歩かせるなどして寝たきりにならないように適度な運動をさせてあげてくださいね。

また運動を止めるときも、急に止めさせるのではなく、初めのウォーミングアップと同じようにゆっくりと歩かせてから終了という風に。

人間でもマラソンなどの終了時には、すぐに座り込むのではなくしばらくゆっくり歩いてから座りますよね?それと同じことで体や筋肉に負担を掛けない終わらせ方になります。

犬が筋肉痛になってしまった場合の対処方法とは?

筋肉が炎症を起こし筋肉痛を引き起こしていますので、まずは炎症を抑えるために冷やし、後から温めてマッサージするのが効果的だそうです。

あまり冷やし過ぎても良くないので、アイスパック(ケーキやお弁当購入時にドライアイス代わりに入っている凍らせた冷たいパック)をタオルなどで包んで患部にあててあげるなど冷え過ぎない工夫をしてあげてください。

その後に人間ならお風呂に入って温めてマッサージするといいのですが、犬には難しいため温めたタオルを患部にあて、温めてから外して優しくマッサージしたり、足だけお湯に浸けて足湯をしてもいいでしょう。

まとめ

犬は素晴らしい筋肉を持っていますが、残念なことに人間よりも特に後ろ足の筋肉の衰えが早いため、シニア犬になっても自分の足で立って歩けるように早い時期から気にかけてあげて下さいね。
通常の筋肉痛でしたら2〜3日で直りますが、それ以上歩き方がおかしかったりびっこをひく場合は、関節炎など他の病気も考えられますので、その時は獣医師に診せてください。