雑誌『CUT』9月号の表紙を飾った米津玄師

 シンガーソングライターの米津玄師(26)が、19日に発売となる雑誌『CUT』9月号の表紙を飾ることが決定した。新たなプロデュースワークの活動に関して語られている内容となっている。

 巻頭特集では、「ふたりの米津玄師」と題し、ソロとして活動する米津が、この夏に手がけたプロデュースワークをインタビュー。初音ミク『マジカルミライ2017』のテーマソングとして制作され話題の、ハチ feat.初音ミク「砂の惑星」や、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として制作した「打上花火」など、新たなプロデュースワークの活動に関して語られている。

 また、「米津玄師とハチ」「部屋とステージ」「人間とかいじゅう」などのテーマで、彼のなかに共存するいくつものキャラクターや、価値観を浮かび上がらせる撮り下ろし撮影とロングインタビューも収められている。

 さらに、スペシャル企画としては、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』オープニングテーマ「ピースサイン」の制作をきっかけに、自身の子供のころと対峙した今の米津が「子どもの頃の自分」に宛てた直筆の手紙とイラストも掲載している。