ジャガイモからわらび餅!?実験のためひたすらじゃがいもをすりおろす

写真拡大

子ども達も夏休みに突入し、朝昼晩の献立がマンネリ化している今日この頃。

前回のゆむいさんのチャレンジ:なぜ全身泥まみれ・・・?やんちゃ兄弟の汚れが怖くなくなる洗濯のコツ

何か面白いものはないかな〜と思いながらレタスクラブをめくっていると、夏休みの自由研究にもなりそうな、すごい料理が掲載されているではありませんか!!

お料理実験室…じゃがいもからわらび餅!?

嘘やん!?じゃがいもで作れるのなんて、せいぜいポテトサラダとかジャーマンポテトとか、イモイモした料理でしょ!?

今回キーポイントとなるのは、じゃがいもの成分、でんぷん!

みなさん、「片栗粉」の原材料がじゃがいもってこと、知ってましたか!?

私はまったく考えたこともありませんでした。

ということで、今日は片栗粉を実際に作ってみようと思います。

(1)まずはジャガイモを5個用意。

ボウルにさらしを広げ、その上にじゃがいもをすりおろします。

(2)たっぷりの水を加えたら、ねじりながら絞る!

この作業は長男にも手伝ってもらいました。黄色い汁が出てきます。

(3)汁はそのまま10分置き、上澄み液を捨てます。

(4)2、3の工程をもう一度繰り返します。

(5)ボウルの底に残ったでんぷんをゴムベラで剝がし取り、バットに移します。そのまま約8時間、自然乾燥させると…

見た目も触感も完全に片栗粉です。

しかし、これは本当に片栗粉なのか!?

料理に使えるの?ちゃんととろみ出る?

そんな疑問を解消するため、この白い粉を使って、次のページに紹介されていた「わらびもち風」を調理をしてみようと思います。

【材料】

手作り片栗粉を60g用意(じゃがいも10個分で用意できました)

砂糖…80g

きなこ、黒蜜…各適量

雑誌に掲載されている分量はこれの半分なのですが、乾かしている最中の片栗粉を見て「もしかして足りないかも…?」と思ってもう一回擦りおろしたのですが、乾燥してみたら2倍量完成しました。擦りおろすのは一回で充分でしたね。

せっかくなので、このまま2倍量で調理していきます!

鍋に片栗粉と砂糖、水2カップを入れ

中火にかけながら混ぜつづけます。

混ぜつづけていると、ある瞬間からモッタリとした とろみが!!

本当に片栗粉だった!

透き通ってきたら弱火にして30秒ほど練ります。

バット(なかったので今回は高温OKなタッパーを使用)を水で濡らして流し入れ、ラップを密着させます。

冷やし固めたら好みの大きさに切り、

きな粉をまぶして黒蜜をかければ…

わらび餅だ!!!

信じられますか、元じゃがいもですよ!?

実食。

心配していた「じゃがいも臭さ」は全く感じられません。

子ども達にも大好評で、おかわりを要求されました。

プルプルするのは何故だろう?

それは、加熱することにより、でんぷん同士の分子が絡み合い……

さて、この科学の答えは、夏休みの自由研究でじっくり調べてみるのはいかがでしょうか?

美味しく実験できるなんて、一石二鳥ですね。

私がこの実験をしてしみじみ思ったことは…

「片栗粉、大事にしよう」です。

一生懸命10個も擦って、できた片栗粉はたったの60gですよ。

市販の片栗粉のありがたみが身にしみました!

作=ゆむい