ブラジル・サンパウロ州イタペセリカダセーハのオフィスビルで発見されたピューマ。サンパウロ州消防当局提供(2017年8月14日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】職場のコンピューターのそばでくつろぐ猫、そしてデスクの下には野生のピューマ!?──ブラジルの最大都市サンパウロ(Sao Paulo)近郊のイタペセリカダセーハ(Itapecerica da Serra)で14日、オフィス内にピューマがいるのを発見した従業員が地元の消防署に通報する出来事があった。

 消防士らがフェイスブック(Facebook)とツイッター(Twitter)に投稿している写真にはピューマがデスクの端から顔をのぞかせる様子が捉えられている他、動画にはピューマが消防隊員らにうなったりほえたりする声も収められている。

 サンパウロ州消防当局は、山火事が絶えず発生しているため、ピューマが生息地から出てきたのだろう、とフェイスブックに投稿している。

 ピューマは捕獲された後、野生動物の救助活動を専門に行っているNGOに引き渡された。
【翻訳編集】AFPBB News