アーセナル、レアル期待株アセンシオに関心…ヴェンゲル監督が熱望か

写真拡大

 アーセナルがレアル・マドリードのスペイン代表MFマルコ・アセンシオ獲得を狙っているようだ。イギリス紙『デイリースター』が14日に伝えている。

 今夏クラブ史上最高額でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを手にしたものの、同紙はアーセナルのアセンシオ獲得交渉を報道。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が7200万ポンド(約103億円)に設定されていると言われるアセンシオの獲得を熱望しているようだ。

 同紙は、バルセロナが同選手獲得に乗り出していることも伝えている。厚い選手層を誇るレアル・マドリードではアセンシオの出場機会が限定されるため、バルセロナはレギュラーを確約することで移籍交渉を進めているようだ。同選手にはマンチェスター・Uとユヴェントスも興味を示しており、リヴァプールはすでに4200万ポンド(約60億円)のオファーを提示している模様。

 現在21歳のアセンシオは、2014年12月にマジョルカからレアル・マドリードへ移籍。加入当初はレンタル移籍の形でマジョルカに残留し、2015年夏にはエスパニョールへレンタル移籍で加入した。そして昨夏レアル・マドリードに復帰し、同選手は公式戦38試合に出場し9得点を記録。バイエルンとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグや、同決勝のユヴェントス戦では勝利を決定付けるゴールを記録し、ジネディーヌ・ジダン監督の期待に応え、世界から注目を集めている。