あらかじめ指定した処理を自動で行わせられるアプリ『Workflow』がアップデートされ、バージョンは「1.7.5」になりました。

開発元がAppleに買収された2017年3月以降で3回目のアップデートになりますが、どんな変更が加えられたのでしょうか。

Workflow バージョン1.7.5の変更点

買収後に発表された方針通り、新機能は追加されていません。これまでに見つかった不具合の修正が施されています。

たとえば「Run Script Over SSH」・「Send Email」・「Show Notification」・「Get File」などの不具合が修正されました。

また、Evernoteアクションでは100MB超のファイルも扱えるようになっています。

詳細はWorkflowのウェブサイトで確認できます。

What’s New - Workflow

なお、App Storeのレビューによると、バージョン1.7.5にアップデートしたWorkflowアプリは『iOS 9』で正常に機能しなくなる模様です。

ベータ版iOS 11向けの修正も

一方で、ベータ版iOSに向けた修正も加えられています。現時点で開発者などに公開されているベータ版iOSは『iOS 11』だけです。


画像は合成です。

たとえば、共有シートやウィジェットからアクションを実行する際、Workflowアプリがフリーズしてしまう問題が修正されています。

したがってWorkflowは『iOS 10』でサポート終了になるのではなく、今秋公開のiOS 11でも使い続けられるようです。噂される、iOSへの統合はまだ先のことかもしれません。

© 2017 DeskConnect, Inc.

参考

What’s New - Workflow