お盆休みももう終わり。

また仕事が始まるな…と、感傷に浸っている方も多いことでしょう。

ニュースでも「出国ラッシュ」「帰省ラッシュ」「Uターンラッシュ」等という単語が、多く飛び交っていましたよね。

一方で公務員や銀行員など、「お盆の間も仕事がある」という人も一定数います。

世間からは「世の中が休みムードの時も働かないといけないなんて可哀想だなあ」と思われがちですが、実はある一定の人にとっては、そうではないんです。

そのある一定の人とは、「既婚女性」です。

義両親との仲が悪ければもちろん嫌でしょうし、義両親との関係が良好であっても「義実家への帰省」は気を遣わないといけないので、疲れますよね。

旦那はゴロゴロしていれば良いかも知れないけど、嫁の自分は気を遣って料理を手伝ったり、掃除をしないといけない…。

せっかくの休みなのに、休んだ気がしない。

「義実家への帰省は、出来れば手短に済ませたい」と考えている既婚女性は、少なくないのです。

ネット上でも、私の周りでも、

「お盆の義実家帰省を思うと憂鬱」

「何でお盆休み義実家にずっと長期滞在しないといけないんだ!」

という既婚女性の悲痛な声が…

ここまで言えば、なぜお盆に仕事があると既婚女性が喜ぶかが見えてきましたよね。

そう。仕事があれば、「義実家に長期滞在しなくて済む」んです。

基本的には土日を利用しての日帰りか1泊で済みますし、祝日の山の日を合わせた3連休がある場合でも、最大でも2泊で済みます。

こんな事を書いてしまうと、私が鬼嫁か何かのようですが、義実家との交流って、嫁の立場からすると本当にエネルギーを消耗するんですよ…。

どんなに良好な関係を築いている友人でも「義実家への帰省大好き!何なら同居したい!」という人を、私は見たことがありません。

お盆に妻を連れて実家に長期滞在してきた、というそこのあなた。

どんなに良いご両親であっても、奥さんは疲れ切っているはずなのでしっかり労わってあげてくださいね。

【関連記事】
【マンガ】iPhoneカップルにありがちなことを考察してみた!

【マンガ】会社に行きたくない…雨の日にサラリーマンがやりがちなこと

【マンガ】「よくスタバにいるカップル」と「頼みがちなメニュー」を考察してみた

【【マンガ】盗まれたり失くしたり…バカにならない梅雨の傘代

【会社に行きたくない…GW明けに陥りがちな「五月病」

【マンガ】市民が通報…消防車で「うどん店」に立ち寄った消防団員

【マンガ】高速道路で「ICを行き過ぎた」ときの対処方法

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」