さらなるユーティリティ性を求められる長谷部誠が手にした“武器”

写真拡大

▽2016-17シーズンはリベロのポジションを確保し、新境地を開拓したMF長谷部誠。今シーズンもクラブでのポジションは揺るがないものとなりそうだ。

▽以前は攻撃的なポジションでプレーし、ドリブル突破などで前線の攻撃陣にも絡んでいくプレースタイルだった長谷部。しかし、徐々にポジションを下げると、ボランチとして開花。2008年にドイツへ渡りブンデスリーガに挑戦したが、ドイツでもボランチのポジションを掴んだ。

▽正確なプレー、そして勤勉さ、さらにはピッチ上の監督とも言われるキャンプテンシーと統率力はドイツでも高く評価され、ボランチのみならずサイドバックやセンターバックとしてもプレーした。

▽2016-17シーズンは、3バックの中央でリベロのポジションに抜擢。すると、長谷部のユーティリティ性が引き出され、ブンデスリーガ挑戦から10シーズン目にして新境地を開拓した。

▽シーズン終盤に負傷し、最後まで戦うことができなかった長谷部だが、新シーズンに向けたプレシーズンマッチではプレーを再開。新たに迎えるシーズンでもレギュラーが当確と見られている。

▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、長谷部にとって欠かせないアイテムになるだろう。リベロのポジションは、最後の砦としてチームの守備を支える役割を担い、ブンデスリーガの強力なアタッカー陣を抑えなくてはいけない。そんな“リベロ”長谷部にはうってつけのスパイクだ。

▽アタッカー陣のスピードについていくための「FAST(加速)」、鋭い切り返しや瞬時の対応時に必要な「FIT(フィット感)」、そして攻撃につなげるためのボールコントロールに必要な「FEEL(タッチ感)」と全てを兼ね備えている「PUMA ONE」は、長谷部のパフォーマンスにも影響を与えるに違いない。持ち前の冷静な判断力、ゲームを読む力、そしてチームメイトを統率するキャプテンシーも合わされば、チームの核としてピッチで活躍することだろう。

▽新たな武器を手にした長谷部誠。全ての力を引き出す新スパイク「PUMA ONE」を履いたブンデスリーガ11年目の長谷部のプレーから目が離せない。