(c) 123rf

写真拡大

 仕事でいくつかのソフトウェアを使っていても、決まった機能しか使わない。もっと便利な使い方がありそうだが、なかなか勉強する時間がないのではないだろうか。夏休みなどまとまった時間にパソコンを勉強するのもいいが、自宅には会社で使っているようなパソコンもソフトウェアも揃っていないので解説書を読んでもよくわからない、という人も多いだろう。

【こちらも】IoTでスキルアップ! ウィンドサーフィン技術を可視化 小型センサノード

 そういうときはYoutubeでソフトウェアやメーカーの名前を検索してみよう。ユーザーが詳しく解説している動画もたくさんあるが、意外に見落としがちなのが公式動画だ。自社製品のプロモーションだろうと無視するにはもったいないようなコンテンツがそろっているのだ。

 Adobeでは、使い方が難しいソフトウェアの代表とも言えるPhotoshopについて「3, 2, 1… Photoshop!」という初心者向けの開設動画をシリーズで公開している。今のところ7本公開されており、切り抜きツールやブラシの使い方などの基本から説明している。

 Microsoftでは「Office 2016」というプレイリストでOffice 2016の新機能を説明している。Excel、PowerPoint、OneNoteなどいろいろな種類の動画がある。もちろん、別なプレイリストではSkypeなど他のアプリケーションの動画もある。

 Appleは「How to Shoot on iPhone 7」というプレイリストで「iPhoneでこんな写真を撮るにはどうしたらいいか」を伝える動画を公開している。23種類もあるが、1本の動画は1分程度と短い。

 動画ならスマホでも繰り返して見ることができる。1本の動画はそれほど長いものではなく、ピンポイントに1つの機能について説明してあるものが多いため、気軽に見ることができる。アメリカの会社の動画が多いので基本的には英語だが、操作している画面を見られるためわかりやすい。探していた機能も見つかるかもしれない。